ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

Pencils

b0016043_1726104.jpg



先日、長年たまった段ボールをちょこちょこと開いてみた。

転勤族の子供であったため、転勤する度に開かない段ボールが出来たり、

僕自身が実家を離れて長く暮らしたり、一時戻ったり、また離れたりを繰り返した結果、

眠れる段ボールが一部屋を完全に潰している状態だ。

少しずつなんとかせねば・・・。



で、色々と探っていると、ちょこちょこちょこちょこ鉛筆やら、色鉛筆やら、クレヨンが出てくる。

大体が姉のものだ。

僕は物持ちがよくて、小学校一年生の時に買った色鉛筆セットを、付け足し付け足し、

いまも、箱がぼろぼろになりながら、テープなんかでまめに補修をし、

足りなくなった赤は付け足したりで、12色がそろっていたりするのだけれど、

姉は引っ越しの度に何色かをなくしては、新しいのをセットごと買ったりしていたようだ。

2~3色足りないセットが、5セットくらいでてきた。



長女の姉というのは、どーもおっとりしているというか、ずぼらというか、

みやちゃんに何かを貸すと、貸すというか、勝手に部屋から持ち出したりするのだけれど、

なぜか、漫画1セットの1冊だけ必ず返ってこなかったり、1冊だけ表紙がなくなったり、

3枚組のCDやカセットを貸すと、必ず、1枚だけなくなったりして返ってくる。

まあ、本人に悪気はないし、普段はおっとり優しいし、文句を言う気もないんだけれど、

これは長女の姉に、ひっじょーによくある現象らしい、

ということが最近いくつかのサンプルで分かってきた。

みゆきさんもそうらしいし‥。

そういや、前、ハナハナが家に来た時こんな話をしたら、

あ、今日、弟の部屋から勝手に漫画持ってきた、とデスノート持ってきてたし。



いや、そうそう。

色鉛筆の話。

で、そんな色鉛筆をゴディバの空き缶に一纏めにして、大体の色区分の敷居を作って整理してみた。

多分、この色鉛筆は僕が死ぬまでに使い切ることはないんだろうなぁ・・・。

で、色々やっていて、ふ、と気づいたのが黄色。

緑系や青、ピンク系、茶色系が大量にあるのに、よく見ると黄色は一本だけしかない。

あれ?と不思議。

黄色ってそんなに使うんだっけ?

つか、なぜ黄色ばかり???

と、ミステリー。



大体、黄色周りの色のバリエーションが元々少ないことにも気がついた。

でも、黄色って、案外色々色があるんだけどなぁ・・・。

デミオのハニーイエローとか未だに最高に好きだし、

VWのうっすら緑がかった黄色とかもあったり、

くっきりかっきりな黄色があったり、さんさんと輝く黄色だったり・・・。

んー、黄色の市民権って低いのかしらん。



ついでに、普通の鉛筆も100本近く出てきた。

筆記用具としては、これ以上ないくらい便利だったりするんだよね、鉛筆。

寒冷地でボールペンが使えなかったり、万年筆が逆さまだと使えなかったり、

そんな中だと鉛筆が一番なんでもどこでも書けるもんね。

でも、いかんせん消せちゃうからなぁ・・・。

とりあえず、こちらも一纏めにして、肥後守で研いでおいた。

一生掛かって使い切れるかなぁ・・・。
[PR]
by hot_soul | 2008-12-14 17:51 | なん The Shih Tzu