ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

OLYMPUS OM-2 OM G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4 / CanoScan 5000F

b0016043_231839.jpg
OLYMPUS OM-2 OM G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4 / DNP CENTURIA 100 / CanoScan 5000F


んー、とりあえず、アップ。

でも、キャノンのスキャナでスキャンしてるし、補正をチョビッとかけてるし・・・

OLYMPUS OM G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4 で撮りました、とか言う意味ってあんのかな?

と、思わないこともない。

ああ、こういう時、フィルム関係も書いたりするのかしらね?

よー分からない。

フィルムは Kodak SUPER GOLD 400 。



しかも、なんかピントが消えて眠いし、ホコリが入ってるし・・・

んー、どうなんだろ?その辺。

とりあえず、続きは明日。



                 ※※


◆35mmネガフィルム(26mmx36mm)を
 ・ 600dpiで読みとると 約36万画素相当
 ・1200dpiで読みとると約200万画素相当
 ・2400dpiで読みとると約770万画素相当


って、本当なのかね?

なんか、2400dpiでスキャンすると、めちゃくちゃ画素数が大きくなるんだけど・・・。



んー、どれくらいでスキャンするか、本当に迷い中。

2400dpiなんかでスキャンしたら、時間もデータ量も莫大になって、

スキャンは遅いわ、パソコンの処理速度は落ちるわでしゃれになんない。



そりゃさー、僕が、こういう写真を撮れる人を目指してるならともかくよ?

ちなみに、上の写真を撮ってる人は、僕がFlickr!で一番上手いんじゃない?

と、いつもうっとり眺めてる人の作品でつ。

片隅ブログの、駄話のついでにつけてるような写真のためなら、

2400dpiでスキャンとか無駄もいいところだよねー、と思ったりもする。



あと、なるべく素で階調を残したデータを取り込んで、みたいなことを聞くのでやったけど、

その素のデータを扱いきらない僕的には、それも、いーや、別にって感じかな。笑

なわけで、輪郭0N、自動調整0N、自動露光0Nにしました。

やっぱ、文明の利器は利用しないとね♪



問題は、ホコリ除去機能をどうするか。

ホコリ除去機能って600dpiまでらしいんよね。

それ以上にすると、ホコリ除去はできません、となっちゃう。

この1200円で買った、型落ちしたCanoScan 5000Fだと。

んー、どうしよ?

処理スピードも落ちるし、いらないや!!と思っても、できあがりにホコリがあると、

あちゃー、って思っちゃうしなぁ・・・。

でかさより、ホコリ除去かな?やっぱり。



600dpiって、36万画素相当、みたいに書かれてることが多いんだけど、

僕の感覚だと、100万画素くらいのデータ量のような気がすんだよね。

大体、U-10と同じくらいっていうか。

1200dpiだと、200万画素のU-20くらいかなぁ・・・。

ま、最終的にどっちにしろ、その半分から3分の1しか使わないんだけどさ。



でも、せっかく、ZUIKOレンズ使ってるからねぇ・・・。

って気もする。



ちなみに、スキャンした写真だとまったくピントが出なかったんだけど、

OM G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4 と、E-500を組み合わせてた頃、

人物のうっすらとした産毛、Tシャツの毛羽立ちまで描写していて、

なんじゃ?このレンズは???とびびりまくったくらい、本来、力のあるレンズなんだよ。

だって、3m先の人の産毛とか、シャツの毛羽立ちがはっきりだよ?

ビビルって、あれ。

恐るべし、ZUIKOレンズ。



えー、まあ、そんなわけでピントが来てないのはもちろん腕のせいもあるんだけど、

ここはそれ、

型落ちしたCanoScan 5000F に罪をかぶせておけ。笑



うん、まあ、でもお散歩カメラ&じいちゃんの思い出だし、

持ってるだけで楽しーい気持ちになるのでハッピー♪

それに、スキャンしている時間とか、待つ時間って楽しいしね。



無敵のお散歩デジカメ、Sony Cyber-shot U-20 ほどじゃないけど、

これからも、お気に入り度のたかーいカメラになりそう♪
[PR]
by hot_soul | 2009-01-28 23:05 | 夜の戯れ言