ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

発作

b0016043_1911361.jpg



今日は、朝からたちばな町の梅がNHKの全国放送で流れていてビックリ♪

最近のテレビにはおどろかされるよね。



あー、どっか旅行に行きたーい。

今、行きたいのは韓国・慶州と、ぷよ(扶余)邑。

昨日、知ったんだけどさ、太宰府の姉妹都市ってぷよ(扶余)邑なんだって。

あと、友好都市が奈良市と多賀城市。

去年、はからずも二つとも行った場所。

じゃあ、あとはぷよ(扶余)邑ってことで。

あと、慶州はね、慶州で出た瓦とまーったく同じ瓦が大宰府にもあるんだって。

面白くて。



今の僕の古代史の知識なんて、

幼稚園児の粘土遊びのレベルだからなんでもないんだけど、

粘土遊びしてる頃って、無性に面白いよね。

いつか、上手に骨格をくみ上げて、肉付けが出来るといいんだけれど。

まあ、幼児期にどんだけ楽しめるかっていうのも大事だし。

もう少し、あっちこっちで妄想三昧。



そうそう、塩竈とか涌谷や百済王敬福辺りのある程度詳しい話を

日本の中の朝鮮文化 12巻 陸奥・出羽 金達寿著

の中でやっと発見。

全12巻の本の、そのいっちゃん後ろでさー、たどり着くまでにやたら時間がかかっちった。

これがこの辺りのことを書いてある中で、今まで読んだ中では一番まとまってた感じ。

文庫にもなってたみたいだけど、今は絶版なのかな?



この本はちょっとひがみっぽい感じで、

日本人が、日本から朝鮮にに文化を発したと思っている、のを正そう、

というような記述があったりするのだけれど、その辺の力の入り具合がちょっと・・・。

朝鮮から日本に文明が渡って来たのなんて、誰でも分かってると思うんだけど・・・。

と、思う部分がある以外は、結構、かゆいところに手が届いていて、読んでいて楽しい。

つか、日本の文明は朝鮮から来たし、ものすごーく密接なんだよなんて当たり前で受け入れないと

古代なんか覗いてられないよね。




んー、ますます感じる古代ロマン。

玉造、多賀城、鹿島、奈良、吉備、出雲、八女、筑紫、宗像、沖の島、釜山、ぷよ(扶余)、慶州、太王、チュモン、

そしてステップロードからローマへ。

あはん、たまらん。

発作がでました。

旅に病んでおります。
[PR]
by hot_soul | 2009-02-17 19:32 | あてのない旅さ♪