ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

フレンド

b0016043_1112247.jpg



15年以上前の知り合いと電話をする機会があった。

ちゃあのごく近い友人で、恐らく、今のちゃあの状況も知っている。

しかし、昔、ちゃあの消息は頑として教えてくれなかった。

今はこちらから聞こうとも思わないのに、むこうからそれとなくちらつかせてくる。



恐らく、彼女が書いたんだろうな、という本を読んだから、そのことを伝えた。



えー、読んでくれたの?それで私って分かったの?すごい!なんで!

・・・・・・

そこは友達だからっていいなさいよ!!



と、言われてもなぁ・・・。

僕に彼女を友達といういわれは何一つないわけで。

やることはやらないし、ちゃあとのことでは変な軍師気取りでウロチョロするし。

お前らには苦労をかけられた覚えしかねーからなー、と思いつつ。


はは、フレンドだからなっ!!


と答えておいた。・・・しんど。

彼女はその文章がいくつかの大学入試に使われたのが自慢らしかった。



そういや、彼女もアダルトチルドレンで、それでちゃあとシンパシーを感じてたんだよな・・・。

話の最後、彼女もまた旦那と最近別れたと言っていた。

機能不完全家庭に育った子供は、自らもそうなるってのはあながち嘘じゃねーんだよなー、とか思った。

ちゃあが幸せになっているといいけれど。

でも、ACって自分もすぐに不幸になりたがるからなぁ・・・。

なんであんなに別れたがり屋さんたちが揃ってるんだろうなぁ・・・。

どいつもこいつも、ちったぁ みゆきさんを見習え、っと時々思う。




いろんな女性を見てきたけれど、間違いない。

みゆきさん最強だな。




夢の中にちゃあが出てきた。

ダークブラウンのロングスカートに、ベージュの上着。

アップした髪型でみそ汁を作っている。

しかし、顔だけが老けた中年顔になっている。



老けたでしょ?

・・・いや。



というところで目が覚めた。
[PR]
by hot_soul | 2009-03-18 11:11 | 夜の戯れ言