ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

老いを感じる今日この頃

最近、なんか、どーも涙もろくていけない。

なんか、微妙なラインで勝手にじんわり涙が浮かんでたりする。



少し前の話になるけど、とらドラ。

なんかねー、あれ見てるとさ、どーも大河と竜児の関係が心配でさ。

このままだとよくないよねぇ・・・。

心配だねぇ・・・。

と、勝手に心配してたのさ。



あれはさー、本当は大河が一度親元に帰ってきちんとしてから竜児ともう一度関係を作るのがいーんだけど、

でも、そーゆー風には描かれないんだろうなぁ、なんて思っててさ。



ほら、DAIも昔アダルトチルドレンと付き合ってたからさ・・・。

ちゃあなんだけどね。

ちゃあなんて自分がアダルトチルドレンって自覚があったから、

つーか、親がアル中で娘襲って、ちゃあは自殺しかけたことがあって

それが原因で親が離婚して、親父が出て行ってっていうACの典型でさ、

それでそういう勉強必死にやってたしね。

まあ、そういうちゃあがちょっと鬱陶しかったんだけどさ。

あまりに付き合うことに必死でさ。

若いDAIには受け止めきれない部分が多々あって。



あー、前にもちょっと触れたけど、このブログでちょくちょく懐かしんでるちゃあと、リアルちゃあって、

実は別物っつーか、ちゃあってのはDAIの中の思念体っつーか、理想像っつーか、

リアルちゃあっつーのは、実は、もう少し生々しく、思い出すと鬱な感情に支配される部分があったりするんよね。

もう、さすがにそういうこと言っても何にも差し障りがないから言うけど。




で、とらドラのこと心配してたんだけど、蓋を開けてみたら、作者がしっかりそれを分かっててさ、

ちゃーんと大河の家庭も竜児の家庭も決着をつける形になっててさー、

なーんか、そーゆー作者の優しさを感じるとさー、

じーんわりと、こう、ああ、この人優しい人なんだねぇ、と涙が出てたりすんだよね。



あー、よく分かってるんだ、ってさ。

そういう登場人物をきちんと大切に描いてる作者って、なんか、感動するっていうかさ。

そういう話の中の人間にまで気を配れる優しさを持った人がいるんだなぁ、

ってところで感動しちゃって、なんか、泣けてきちゃう。

気がついたら涙がぽろぽろ出ててさ。



年なのかねぇ・・・。
[PR]
by hot_soul | 2009-04-25 22:23 | 飛び出せ!テレビ君