ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

ハイラルに住民票を移しました

b0016043_19541517.jpg



なぁなぁ、みゆきさん、知ってるか?

今度は何?

ハイラルの鎧を着込んだ屈強そうな兵士達はな、

なんだよ、またゼルダにトライしてるのかよ

あいつら、弓とか、槍とか、色々投げてきたりすんだけどな

はいはい











雑草を3回ぶつけられたら死ぬんだぜ? そーれ、ペチッペチッペチッ!








はい、DAIです。(おしりっぽく)

というわけで、ゼルダの伝説 神々のトライフォース やってます。

しょーこりもなく、苦手なゼルダです。

風のタクトも、リンクの冒険も、ことごとく挫折してますが、なにか?


ネ申ゲー、至高のゲーム、一部では、これを越えるRPGはない!と、断言する人もいる

誉れも高き、神々のトライフォース。



最近、自分のゲームの嗜好を鑑みると、得意なジャンルは、

スポーツゲー、スポーツシミュレーション、コマンド型RPG、あと、対戦格闘が少し。

いずれも2D限定。

3Dグラフィックとかポリゴンになると、素直にごめんなさい。

シミュレーションも×、落としゲーももちろんごめんなさい。

よく考えると、PS以降、まともにできた新作って、真三国無双2と、戦国無双2だけだもんね。

他は、ドラクエⅦ以降、FFⅦ以降、手も足も出せてない状態だし。

結構、ジャンルが狭いんだよね。

こりゃいかん。

少しでもジャンルを広げないと。




まあ、いいや。

んでね、なぜか、アクションロールプレイング、ARPGって苦手なのよ。

ということに気が付いた。


で、なぜだろ?

と、考えてると、よくよく考えると、ファミコン以前に、ザナドゥとかロマンシアとかやってたわけでさ。

ARPGって、毛嫌いするほどじゃないんだよね。

そういや、メトロイドは大好きだし。


んー、どうしてかなぁ、とよくよく考えて思い出した。

Ys だ。

 イースのせいだ。

そう、あの頃、ザナドゥもロマンシアも当然のようにクリアできなくて、それなりに満足してたけど、

決定的だったのは、そういう難しいゲームの流れから脱却しようとしたイースの存在。

優しさを売りにした、イース。

しかし、それでもクリアできなかったイース。

ほら、当時は右手とテンキーで上下左右動かして、左手でスペース叩く感じでさ、

パソコンゲームだと、パッドでゲームしてなかったんだよ。

で、それでやると、どーしても、最後のラスボスが倒せなくてさ。

500回は挑んだね。

でも、駄目だった。

後に、PCengine のイースをゲームパッドでやったら、やたら簡単に倒せて吹いたけどww


なわけで。

どーも、その辺のトラウマがARPGから僕を遠ざけていたらしい。




アクションとARPGの境目ってどこなんだろ?

色々と考えを巡らすと、多分、メトロイドとゼルダが境目だと思うんだよね。


二つともシステムは似てるしね。

ダッシュで無敵とか、ため撃ちとか。

隠れたアイテムを取り出して、同じ様な感じでパワーアップしていって。

でも、メトロイドはアクション、ゼルダはアクションロールプレイング。


そして、僕はメトロイドが大好きなのだ。

ならば・・・。


というわけで、今度こそ。

ゼルダの伝説 神々のトライフォースをやってみることに。


任天堂ゲーの楽しみは、もちろん、ノーヒントクリア。

えー、そんなん、絶対分からんわ!! という心の隙間に忍び込む、あのアイテムの隠し方。

え?こんなんできたの?? という目から鱗のあの感覚。

そういうのを楽しもうと思いマース。




ACTION  魔界村 ← マリオ ← メトロイド ← ゼルダ ←コマンド系(DQ FF)  RPG

こんな感じ?
[PR]
by hot_soul | 2009-08-27 19:55 | ゲームのお時間ざんす