ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

地上 BS CS デジタルチューナーの勧め

b0016043_18524477.jpg



さて。

DAI家には都合5台のテレビがあり、うち2台がCATVにつながっていて、

その内の1台はバルディアにして、とりあえず、BS放送やらCS放送やらも視聴録画ができるのだけれど、

残り3台がもったいない。


それに、どうしても、液晶テレビの動画のモヤモヤ感になじめない。

視聴するのがSPORTS番組がもっぱらなので、これはキツイ。


つーわけで、地上 BS CSチューナーを買ってみました。

BUFFALO LT-H90DTV ¥26400  実売¥17800~



一応、BS CS のアンテナもあるので、これをつなげば、恐らくBSのデジタルとかもおk。

結構、キワモノっぽいし、こういうのは販売されてる内に買っておいて損はないかなぁ、と。



※※



昨日、チューナーがやって来たので早速、セッティングしてみました。

もちろん、地上、BSデジタルは完璧に視聴おk。

CSはアンテナがあるだけで、契約してないので見られません。笑

(なぜか、KBCが消えて、NHK佐賀とかサガテレビとかが入るのはアンテナの問題ぽい。)



NHKとも契約してるので、B-CASカードの受信メッセージ消去の手続きも電話で済ませておいて。



接続は、アンテナ → チューナー → ビデオ → テレビ の順番。

なので、テレビを見る時は、常に、チューナー、ビデオ、テレビのスイッチをオンにして、

テレビをビデオ画面にして、ビデオのチャンネルをL1(外部入力)にして、と、多少めんどくさい。

多分、親父は理解できるけど、お袋は理解できないかな。笑


しかし、チューナー → ビデオにライン入力できるので、

デジタルの放送がアナログ録画だけれど、ビデオで録画できるのは、ちょっとおいしい。



僕は、未だにメインメディアがビデオなんだよねぇ・・・。

バルディアのHDDも使い勝手がよくて好きなんだけど、そこからDVDになかなか焼かない。

というのも、焼けるDVDと焼けないDVDがあったり、色々面倒でさ。

よほど繰り返して見るモノ以外はDVDに残さないっつーか。

多分、これ、ブルーレイでも同じなんだよね。



というわけで、実は、このLT-H90DTV、

外付けHDDを買って取り付けると、HDDで録画できるようになる!

というのが一つの売り。



※※



ところが、実はこのLT-H90DTV、買ってすぐにはHDDに録画できません。

自力でファームアップする必要があります。

この辺も微妙にハードルが高いかも。

すごく簡単であっという間に終わっちゃうんだけどね。



1 LT-H90DTV 本体をネットにつないでファームアップ

2 外付けHDDを買ってきて、パソコンにつないでFAT32でフォーマット

3 LT-H90DTV本体とHDDをつないで、設定でHDDをフォーマット


簡単に言うと、この3段階の作業が必要です。

えー、簡単な作業ですが、面倒臭いので軽く説明。



※※


1 LT-H90DTV本体をネットにつないでファームアップ

まず、近くにコンセントとテレビ画面とネットに繋がったLANケーブルが必要です。

で、次に、ファームアップしますが、BSやCSが見れるようになるためのファームアップは、

まだ、正式版じゃなく、β版ですので、普通のファームアップとは違います。

詳しくはコチラ


LANケーブルを差し込み、テレビとAVケーブルでつなぎ、コンセントをつなぎ、電源をいれたら、

 (1) TOP画面から設定→システム設定

 (2)「アップデートする」にフォーカスを合わせ、
   [画面表示]、[青]、[赤]、[緑]、[黄]、[消音]の順に4つのリモコンのボタンを押すと
   PINコード4桁入力ダイアログが表示されます。

 (3) [0][1][0][9]と入力し決定キーを押すと、
β版がダウンロードされます。(DTV_1.16_20090807_b0109)

ということになります。

で、お終い。

ものすごーく簡単で、ダウンロードにかかる時間は4~5分。

全部入れても、10分かからない作業です。


これで、恐らく、多分、β版へのアップデートはできました。



※※


2 外付けHDDを買ってきて、パソコンにつないでFAT32でフォーマット

次は、とりあえず、動作確認出来ているHDDを用意。

[動作確認済みHDD]

バッファロー
HD-CLU2シリーズ、HD-CEU2シリーズ(ブラック・ホワイト)、HD-ESU2シリーズ、HD-HESU2シリーズ、HD-CEIU2シリーズ、HD-WIU2/R1シリーズ、HD-QSSU2/R5シリーズ、HD-PXU2シリーズ、HD-PSGU2シリーズ※、HD-PFU2シリーズ(ブラック・ホワイト)、HD-PEU2シリーズ、HD-PMU2シリーズ、HD-PSU2シリーズ

だそうな。



そうそう、録画可能時間は、

120GB 約19時間
320GB 約51時間
500GB 約79時間

と、画質固定で、やや少なめ。

バルディアだと、500Gあったら低画質だと900時間くらいいけちゃうんだけどね。

その辺は、ご容赦、って感じかな。

ちなみに、外付けHDDのお値段は、大体、500Gが1万円前後。



とりあえず、これを一度、パソコンにつないで、付属のフォーマットツールでFAT32にフォーマットしましょう。

大抵の場合、NTFSかFATか聞かれますから、FATを選択すればおk。

フォーマットツールは、まず、HDDに付属してるのですが、ない場合は、

BUFFALOさんところから、ダウンロードさせて貰いましょう。



これも、フォーマット自体は、数秒で終わっちゃいます。

コンセント抜いたり差したり、USB抜いたり差したり、そういうのが面倒なんだよねぇ・・・。

やっちゃえば、簡単であっという間なんだけどね。

こういう心理的なハードルは、強い気持ちで乗り越えましょう。



※※


3 LT-H90DTV本体とHDDをつないで、設定でHDDをフォーマット

最後に、テレビとLT-H90DTV本体とアンテナとHDDをつないで起動させましょう。


で、すぐに録画出来るかと言ったら、ちょっと違うくて、実はもう一度フォーマットしないといけません。

これも簡単です。

トップメニューから設定画面に飛んで、HDDを初期化(フォーマット)するを選べばおk。




これで、地上、BS、CS、デジタルがHDDに美麗画質で録画出来るようになります。


が。


なにぶん、β版なので、録画予約していても録画されなかったりしちゃったりもあります。

特に、BSとかCSは、HDDに録画予約する時は、ビデオも同時に録って保険をかけておいた方がいいかも。

確実なのは、テレビを見ながら、録画ボタンを押すことだったり。



まあ、まだまだ、改善点の多い製品ですが、この低価格でHDD録画まで、

やろうと思えばやれちゃう、というキワモノ度は群を抜いていますので、

十分、お買い得というか、楽しめるかも。



なんつーか、おい!そんなもん作ったら、液晶テレビとか、レコーダー類が売れなくなるだろっ!!

今、内需がない中で唯一、売れ線っつーか、売れないと国内電化製品メーカーが瀕死になりそうなのに、

どうすんだ、コノヤロー!!

と、経済産業省が怒り出しそうな製品だなぁ、というのが実感です。

下手したら、製品の不具合をいいがかりに、消費者庁とかに潰されかねません。笑



色々と手をかけることがあんまり苦にならない、という方は、手を出すと幸せになると思われます。



何十万円もするチューナー付きの液晶テレビやDVDレコーダ、ブルーレイレコーダを買う前に、

今現在使っている、ブラウン管テレビやビデオを活用することも考えてみてはいかがでしょうか?

オススメです♪



最後に一つ。

下手なテレビの買い換えよりも、よほどかエコなので、エコポイントの対象にして欲しいです。

なぜならないのか不思議です。
[PR]
by hot_soul | 2009-10-10 18:55 | 飛び出せ!テレビ君