ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

カミングアウトしちゃいます

b0016043_21472811.jpg



実は・・・、RPGでマッピングするのが大好きですっ!!


※※


年末にwiiやら何やら買ったのですが、

買ったおかげでみゆきさんへのクリスマスプレゼントが買えなくなり、

一人で感動や面白さを味わっても本当の感動でも面白さでもないと思い、

そーゆーの全部クリスマスプレゼントと称してとしてみゆきさんへ送りつけちゃったので、

今はゼノギやら真三国無双3やら、ゼルダの伝説 不思議の木の実 時空の章やらをやってたりします。


みゆきさんは、送りつけたゼルダの伝説 大地の汽笛にどはまり。

なんか、本当に、今、ゼルダの評価がめちゃくちゃ高いようで楽しそうです。


※※


さて、最初にカミングアウトしたとおり、実はRPGしながらマッピングするのが大好きです。

最近のコンピューター系のRPGだとオートマッピング機能なんかがあったりしますが、それじゃ駄目です。

方眼用紙を切り張りして、マス目を使って、自分でマップを作るのが好き、というか、

それをやるためにRPGやってるよーなところがあったりします。

マッピングという点では、ウィズとか、真女神転生とか、ゲームボーイゼルダみたいなのが特に好き。


※※


まだ、僕らが小さい頃、ちまたでRPGのゲームブックみたいなのが流行したんだよね。

※ うお!ゲームブックを紹介してるサイトがあるぅっ!! 火吹き山の魔法使いっ!!死のワナの地下迷宮っ!!

ちょっとずつ章が区切られていて、サイコロ振りながら指定された数字の章に飛んで先に進む、みたいな。


まだ小学校高学年だったから、ちょっと苦戦とかしてね、迷路がよく分からなくなったりさ。

で、とりあえず、書いてある部屋とか通路を紙にきちんと描いていったら、

なんと!全然つながらないと思ってた通路や部屋が全部つながってると分かった時のあの感動!!


うまく言えないんだけど、おお?おおおおおおおおおお!!!!すげぇ!!

って感動してさ。



で、その後、友達と昼休みとか放課後、ちょろちょろテーブルトークって言われるのやってたんだけど、

それもさ、マップを作るのが楽しいんだよね。

ここはこういう通路で、ここはこういう部屋で、とか。


なんかね、部屋を作る人と、プレイする人が別れてなくて、みんなで部屋を作って、

自分たちで作った部屋とかダンジョンを、自分たちで興奮しながら冒険するの。



※※


今考えたら、本当に稚拙なマップで稚拙なトラップだったりしたんだけれど、それでも本当に楽しかったなぁ・・・。

自分で世界を想像して、その世界の中の住人になって、その世界を冒険する楽しみがあったというか・・・。


※※


最近、時々、これからはゲームは一人でやるものじゃない!的な話が聞こえてきたりするんだけど、

それは一体どういうことなんだろうなぁ・・・、と思うことがあったりする。

多分、そういうことを言う人にとって、一人でやるゲームっていうのは最近のRPGなんかを言うんだと思うけど、

それって、そうなのかなぁ・・・。


最近の便利な機能満載のゲームとかやってると分からないかも知れないけどさ、

自分で方眼用紙を切り張りして、ゼルダだったら14×14コマの地図を作って、

あれやこれやの色鉛筆や、マジックや、自分だけに分かる記号でマッピングしていくとさ、

制作者がどういう気持ちで、どういう興奮をしながら、どういう世界を作ってるのか、とか、

まるで制作者と会話をしてるような気持ちになれると思うんだけどなぁ・・・。

b0016043_1184971.jpg



初代ゼルダの制作者の手描きのマップとか見ると、

なんか、本当に友達とマップを作ってた頃のワクワクが蘇ったりするっていうか。

b0016043_11511062.jpg
詳しくはココ



※※


大地の汽笛の手書きのメモが出来たりするのとか、DQ7の石版集めたりするのって、

ある種、マッピングの醍醐味の変形かなぁ、と思ったり。

見知らぬ場所に足を踏み入れて、ワクワクドキドキ。

新しい場所が拓けると、さらにドキドキ。

自分がいつも通ってる場所に、実はこんな秘密がっ!!でワクワク。


そのまったく逆サイドにいるのが、トルネコとかシレンとかのローグ系かな?

んー、でも、未知の場所に常に足を踏み入れられるという意味では、究極の形、とも言えるしなぁ・・・。


※※


いや、別に何が言いたいわけでもないんですけどね。

ちょっと、そう言うのを思い浮かべちゃったんで。


マッピングなんて楽しみ方は、もう、ほとんど廃れてるんだろうけれど、

でも、間違いなく、今もRPGの面白さの根底にあるモノの一つだと思うんだよね。

なんてことを、ちょっとだけ書きとどめておこうかな。


※※

追記

って、ちょっっっとおおおおお!!!

ウィズの新作が12月9日に出てたのかっ!!! 今、知った!!

【ウィザードリィ座談会】前編 PS3版配信前に、『ウィズ』の思い出でも語ろうか―

【ウィザードリィ座談会】後編 PS3版『ウィズ』は、古参ファンの目にどう映るのか

こ、これはっ!!

しかし、何だよ、この座談会。

マイコンとか、店頭とか、カットインムービーへの冷たい反応とか・・・。

俺がたくさんいるじゃまいかw
[PR]
by hot_soul | 2010-01-07 22:13 | ゲームのお時間ざんす