ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

ドンキーコングやってみた♪

昨日、DSが帰ってきたから一瞬だけ
ゲーム&ウォッチのドンキーコングやったんだよね。

クラブニンテンドーでもらったヤツ。

昔のオレンジの本体あるんだけど、
ある引越しの時に電池入れたままダンボールにいれちゃってさ、
探してたんだけど中々でてこなくて、見つけた時には
電池部分が腐食しちゃったんだよね。
で、使えなっちゃってさ。

すっごいへこんでたんだけど、去年かな?
クラブニンテンドーのプレゼントであるのを知って、 頑張ってポイントためました♪




お、「社長が訊く」コーナーにゲーム&ウォッチが。
http://www.nintendo.co.jp/n10/interview/game_and_watch/vol1/index.html
このコーナー面白いんだよねぇ・・・。
技術者さんたちがすっごいいい顔で話しててさ。
読みだすと止まんないの。

この岩田さんって方が、また、なんというかやわらかいけど切れ者で、
10年くらい前に、歴史上の名インタビューを集めた本が出てたんだけど、
そのどのインタビュアーにも負けないくらい素晴らしいインタビューをするんだよね。
聞き方がうまいっていうか。
すげぇな、この人って思っちゃうっていうかさ。

横井さん、宮本さん、青沼さん、坂本さん、桜井さん・・・
そういう最前線のエース級ソルジャーを揃えつつ、
トップにこの人がいるわけだから、任天堂も凄いはずだと思うというか・・・。

なんていうかな、
ゲーム雑誌のプロモーションの為に出てくるクリエイターじゃなくて、
本当にやることやって、
清々しい顔で社長と顔を合わせて出来上がった作品を語ってるっていうか。

こういうの見ると、マリオが苦手な僕でも、よーしいっちょやったるか
って気になるというかw



って・・・。



加納
そう思いました。
いまでもハッキリ覚えているんですけど、
おばあちゃんとお孫さんの2人が来店されて、
お孫さんが「ここや、これがほしい」とおっしゃったんです。

岩田
お孫さんはゲーム&ウオッチがほしいと。

加納
ええ。ところがおばあちゃんは
「これ、高くて買えへん」とおっしゃって・・・。

岩田
ゲーム&ウオッチは5800円くらいしましたし、
当時のおもちゃとしては高額な部類に入りましたから。

加納
そうなんです。だからこそ、
それだけの価値のある商品をつくらないといけないと、
売り場に立ちながら痛感させられました。
そういうことは、売り場に立ってみないとわかりませんし、
お客さんの反応や売り場の空気に触れられたのは
すごく大きな経験になりましたね。

岩田
その経験は次のものづくりに絶対に活きていくんですよね。



泣いた。
いきなり泣かされた。

も~、これは卑怯だわ。
やられた。

ドンキーコングさ、
ばあちゃんが突然送ってくれてすっごいビックリしたんだよな・・・。
なんで僕がほしがってたの知ってたんだろ?

九州離れてずーっとばあちゃんにあってなかったのに、
あるクリスマスに突然送られてきたんだよな・・・。

そういや、ばあちゃん、しょっちゅう色んなもの送ってくれてたなぁ・・・。
なのに、手紙も出さず、電話もかけず・・・。
なんでもっと・・・。



んでさ、DSソフトで送られてきたドンキーコングの操作感が
あのオレンジ色のドンキーコングとまったく一緒なの。

最後のクレーンに思い切って飛びつくと間に合うの。

ピコッピコッって音が一緒なんだよね。

なんか、やってて、うあああああああああああああ
って、記憶の中に吸い込まれそうになったw



※※


そういや、この前取り組んでいたスーパードンキーコングは
2日くらいやったところで彼女さんから
wiiとゼノブレイドが届いたので中断中。

4匹目?5匹目のレディーコングまで行ったのかな?
結構頑張った。


って、おい!

社長が訊く ドンキーコング リターンズ
http://www.nintendo.co.jp/wii/interview/sf8j/vol1/index.html
岩田
わたしはかつてスーパーファミコン版を遊んだときに、
何がいちばん思い出されるかというと、
トロッコの面で、何回もコースから落下してしまって
「ああ、もうちょっとでゴールだったのに!」(笑)
ということを繰り返し経験したことなんです。
たぶん、そのように手に汗握る感じを維持することは、
このタイトルにとって、
ものすごく大事なことだと思うんですけど、
そのことについてはどういうことを意識されましたか?



なにーw
岩田さん、俺とまったく一緒の場所でつまづいてたのかww
ですよねーwww

この前挑んだ時、
あのトロッコで30匹以上が全滅した時はさすがに心折れそうだったもんw


んー、スーパードンキーコングをクリア出来たらリターンズ買おうかな、
と、思ってたけど、
クラブニンテンドーで貰ったゲーム&ウォッチのドンキーコングの出来がよかったというか、
ああ、そうか、僕のゲームの原風景、ゲーセンに通いだす前に、
ドンキーコングがあったなぁ、と思い出したので、いっちょいくかな。

その前にスーパードンキーコング1、2、3、64、
ジャングルビートやれって話だろうけどさw
左手中指が関節炎の僕としてはジャングルビート叩くのはつらいのねんw


ドンキーコングリターンズ
http://www.nintendo.co.jp/wii/sf8j/






にしても、この社長が訊くの締めも面白いな

岩田
そのくらい時差のある地球の反対側で、
歴史あるフランチャイズをあずかっていただいて、
「レア社がつくっていなくて大丈夫なの?」
「レトロスタジオはキーになるスタッフが抜けても大丈夫なの?」と
言われた不安を、すべて吹き飛ばすようなゲームができたように
わたしは手応えを感じています。

あるいは
「2人で遊ぶ『ドンキーコング リターンズ』はどうなのか?」とか、
「Wiiでつくったらヌルくなっていないのか?」ということも含めて、
いまだからつくれるゲームがちゃんとできたと思います。
いろんな意味で、仕掛けとか要素の密度が
とても濃いゲームになっていますしね。

なので『スーパードンキーコング』に思い出のある人、
『New スーパーマリオブラザーズ Wii』の次のゲームを遊びたい人、
横スクロールのアクションゲームが好きな人、
親子で遊べるゲームを探している人、
チャレンジングなゲームを克服することに対して、
強いやりがいを感じる人、
それぞれみんなが楽しめる要素が
このソフトにはあるんじゃないでしょうか。

ハードワーク、お疲れ様でした!



横スクロールアクションという意識がね。
いや、ちょうど、最近、ぼーっと横スクロールアクションって
何があったけー、と思い出すたびに書いていて、
その歴史を考えたりしてたところだからさ。

去年から、横スクロールアクション復活気味じゃない?
スーパーマリオ、ロックマン、悪魔城ドラキュラ、ソニック
パッケージと配信系でさ。

終わコンだと思われてた横スクロールアクションを復活させる、
その最新の立ち位置にドンキーコングリターンズが来るのかな?


にしても、任天堂はコンテンツは一度沈んでも再浮上する、
させられるということを確信もってるよなぁ・・・。

その辺の確信がすごいな。

そういや、
ゲーム&ウォッチ→ワイド→二画面→ゲームボーイ
ってサイクルも
ゲームボーイ→DS→LL→3DS
に似てるよね。

終わコンじゃない、サイクルが来てないだけ、
そういう見極めも上手いなぁ・・・。
[PR]
by hot_soul | 2010-12-01 11:46 | ゲームのお時間ざんす