ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

「徐庶の変」の思い出

真・三國無双6 Empires 始めました♪


ちなみに、無双のナンバリングの数字は全角だと

昨日か一昨日か、コエテクさんがツイッターで呟いてましたね。


これからなるべく準拠させていきましょう。




さて。

内政があんまり好きじゃないのでEmpiresは食わず嫌いしてましたが

(戦国無双3 Empires は流しプレイ程度にはやってますが)

今回、エディットがすんごい充実してるので参戦です。




最近は、日本のサードからあんまりゲームが出てなくて、洋ゲーが元気一杯ですが、

あんまり洋ゲーに手を出せないのがモデリングの違和感というか。


FFとかモンハンとか無双系のモデリングっていいよねぇ。

なんなんだろうね?この差は。




んで、最初は流れを掴むために、かる~く天国で一回り。

今回の本命本気プレイは董厥で姜維を補佐なので、それまでに慣れていきましょう。


というわけで、最初は黄巾の乱シナリオで、黄蓋プレイ

基本、三国志系のゲームをやるときは、堅パパが生きている黄巾の乱シナリオしかやりませんw



んで、ほうほう、なるほど、投石拠点に幻影兵置いたり、

拠点制圧が進んだところで大出陣食らわしたり、

敵を大量に引き寄せて、閉じ込めて、火矢斉射したり、そういうのやっていくのかぁ、

と、思いつつ、天国なのであっという間に天下に手が届くところまで来ました。



んで、その後、残り少ない領地を侵攻する度に立ちはだかったのが、

今回、・無双武将化でハッスル中の徐元直さん。


b0016043_152032.jpg






※※





徐庶、かぁ…

懐かしいな…



その時、DAIの胸には20年前のある思い出が去来していたという…



徐庶よ…、再び俺の前に立ちはだかるのか…








☆☆




DAIは、実は結構古くからの三国志のプレイヤーで、

(1、3、5、7をやってました。無双が出た後は無双ばっかです。

今度出る三国志12はちょっと興味あるかも)

周りがFCでロードランナーやってた頃に、パソコンで初代・三国志やってたりしました。


なんか、パソコンでゲームをやるグループがあって、学校帰りにみんなでやってたんですね。


もちろん、時間は限られているので統一なんか出来ないんですが、

まあ、みんなでワイワイやるのが楽しくて、よくやってたんですよね。



その時に、割り当てられた役目が「呉」だったから、呉を調べてるうちに呉スキーになり

堅パパ大好きになり、策、周喩、太史慈の三種の神器信仰に至ったという過去があったりします。


呉スキーにとって、初代・三国志のシギーのかっこ良さは異常w


KOEI三国志 武将能力値比較 サイト






で、まあそんなこんなで、SFCの三国志Ⅲあたりは腐るほどやりました。

Ⅲ程度の内政ならついていけたんですねw


もちろん、シナリオは黄巾の乱しかやってませんけど。



つか、無双2まで呉しかやらなかったし、3も呉だけだし、4は他勢力はなめる程度だし、5もそう。

他勢力もしっかりやりこんだのって、6が初めてだw

本当、いつの間にか、呉が全てw


まあ、25年かけて、やっと心が少しずつ他勢力に馴染んできたんでしょう。

と、自分の成長に感心している今日この頃。





そうそう。

SFC三国志Ⅲのお話です。



その時も、もちろん黄巾の乱で始めてました。

こんな呉スキーのオイラなのでプレイ目標はもちろん、堅パパ、策、周喩が生きてるうちに天下統一。


あ、ちなみに太史慈は厳白虎が速攻潰れて、代わりに太守になっちゃうので、

面倒臭いから2Pで始めて、速攻、孫家に降参して太史慈吸収がデフォ。




で、記憶が薄いんですが、パパの寿命までに天下統一はなんだかんだで厳しくて、

策、周喩存命中に統一に燃えるのがいつものパターンだったと思います。




んで、ある日のプレイ中、董卓曹操孫呉の三国志から、

董卓軍を吸収した曹魏孫呉との熾烈な全面戦争を経て、

どうにか曹操を遼東半島の根本まで追い詰めたわけです。


この最終決戦に勝てば、念願の中華統一というところまでいったわけですね。





そして、最終決戦に勝ちました。

残るはエンディング。




直後。


戦い明けたターンで、短く、周瑜の絶命が告げられました。


そう。

周瑜は、孫呉の天下統一のために、命尽きるまで戦ってくれたのです。



心を燃やすは帝王の軍略 心を包むは孫家三代
天は一個の武心に これほど裕福な天命を与えたことがあったか




おおおおおおおおおお!!!!!!周瑜うぅぁあああああああああああ!!!!


泣きました。

ゲームで泣くなんてめったにないのですが、この時は泣きました。




あ、ちなみにDAIの脳内周瑜は、演義ベースじゃなくてトニー・レオンさんです。

長年、DAIが思い描いていた周瑜がまんま脳内から飛び出してきたような夢のような周瑜でした♪

もう、これ以上の周瑜は個人的には絶対ないと言い切れるくらいのBEST周瑜。

無双のエルフは少し自重して下さいw

b0016043_16371078.jpg

今度の日曜 11月18日 夜8時58分からレックリ特別版だよ♪







って、あれ?

エンディングが始まらない。


と、思ったら。




曹操を打ち滅ぼし、周瑜が息絶えた感動の瞬間に、

画面左下、遼東半島の根本から対角線上の一番遠い巴蜀で、

謀反を起こしやがった馬鹿がいやがりましたじゃねーですか。



それが徐庶元直



これが、20年以上経った今でも忘れることが出来ない、

DAI的ゲーム史に強烈に名を残した「徐庶の変」。




徐庶のような有能な士を巴蜀で閑職につけていたら、謀反の一つでも起こしましょう。

と、天国の周瑜が微笑みながら言ったとか言わなかったとか。





☆☆





というわけで。

エンパの終盤、徐庶が出てくる度に、

嬉々として徐庶をボコボコにタコ殴りにする黄蓋将軍、まじカッコヨス。



アッハッハー。

あの時のことを忘れて、よくもいけしゃーしゃーと孫呉の前に顔を見せられたのぅ、徐庶。

  ↑ 完全に言いがかり



そんな、長年の恨みつらみも晴らせる真・三國無双6 Empires、大好きです♪





☆☆





ところで。

こんなDAIですので、かつて、ある作品を待望していました。

いや、実は、今でも待望しています。



堅パパを生き残らせ、策を生き残らせ、太史慈を生き残らせ、周瑜を生き残らせ、呂蒙を生き残らせ

全員、生存ルートを完備した、英傑伝シリーズ 周瑜伝を!!!


まあ、もう出ないのは分かってるんですけどね。



英傑伝、孔明伝、曹操伝と出た時は、次は周瑜伝だ、周喩伝だ、とメチャクチャときめいたなぁ…。

武神の生存シルエットを眺めては、次はパパの生存シルエットだ♪♪と一人ときめいて…。




無双にはまったのは結局この流れ。

周瑜伝が出なかった代わりに、無双でパパも策もシギーも生存ルートを作れたっていうね。

それがとにかく嬉しかった。


2とか3とか、本当にまじで嬉しかったなぁ…。



わかるまい。

孔明伝や曹操伝で遊んでいる他勢力の三国志ファンに、無双に対する孫呉スキーの愛情が!



だからね、誰がなんと言おうと、呉スキーにとって無双は神作品なのでした。


いいのよ、いいのよ、猛将伝でどんだけ孫呉の将軍位が恵まれてなくても、キャラ立ててくれただけで満足なのよ。




などなどと。

ゲームの戯言でした♪
[PR]
by hot_soul | 2012-11-12 18:31 | ゲームのお時間ざんす