ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

大帝の夢

堅パパ
天下  乱世に一体どれほどの漢達がそれを願ったろうか…
董卓、袁紹、袁術
奴らはみな、己の野心と欲望に呑まれ散っていった


策兄
劉備は違うみてぇだな


尚香
うん。玄徳様はみんなが穏やかに暮らせればそれでいいの。


策兄
へっ そっか・・・
・・・曹操はどうなんだろうな


堅パパ
あの男もただの欲望と野心の輩ではあるまい。
今、こうして我らの前に立ちはだかるからにはな
そして、権、お前は天下とどう向き合う


権坊
私は…兄上に父上に尚香に皆に支えられてここまで来ました。
そうして支えられてきた私だからこそ
示せる天下があると思っています。


策兄
そうか。
お前ならできるぜ!権!


うなずく二人


権坊
行きましょう。
この戦いを乱世の終わりにします。






うああああああああああああ!!!!


緑尚香がっ!!緑尚香が居るっ!!!

緑尚香の両隣に堅パパと策兄がいるっ!!!!!





ここで来たっ!!!




ここで来たよっ!!!!!




うおおおおおおお!!!!嬉しいよぅ嬉しいよぅ!!!!




と、一人、謎の興奮をしていました。

※ちなみに赤尚香はフリーモードのムービーでした。




PV2を見た日、緑尚香の両隣に堅パパと策兄が居るのに気が付いて、

え?どういうこと?尚香が蜀に嫁入りした後も堅パパと策兄が生きてる??

つまり、生存ルート??????


と、期待しながら裏切られるのが怖くて、


いやいやいや、あれは初期ステージの色違い、

と、自分にブレーキをかけまくって過ごしてきたのですが、


ブレーキ、決壊



暴走モード突入





ううん、いや、でも違うな。

心のブレーキを掛けながら、でも、どこかで多分コエテクさんのことだから

ストレートど真ん中に投げ込んでくれるんだろうなぁ、って信頼してる部分があったというか、

不安にはならなかったんだよなぁ。


99パーセントはあの緑尚香の両隣の堅パパと策兄は生存ルートだと思っていて、

でも、残り1パーセント、自分の勝手な期待が裏切られた時のガッカリ感が怖くて

ブレーキをかけてた感じ。





☆☆





陣営では相変わらず放任主義な堅パパが笑っていて、


危険なところは俺に任せろと言う策兄がいる。


そんな策兄に突っかかる尚香がいて、


全てを把握している周瑜に全員が全幅の信頼を寄せている。

















孫家の皆様がご健勝で決戦に向かわれる。
私には夢のように思われて仕方がないのです。













うん。知ってる。


きっとこれは大帝の夢。


権坊の夢。






董卓さえ追いつめた偉大な父。

江東を席巻した三人のスーパースター、孫策、周瑜、太史慈。


あこがれて、追いつきたくて、誉めて欲しくて、でも、もう誰もいない。

信じたものはすでにこの世にないんだと、夢の片隅で思っている。






いつも夢の中で問いかける。

父上、兄上、私は、私はちゃんとできていますか、と。



いつも夢の中で謝りつづける。

私はいたらなくて、父上にも兄上にもおよばなくて、ちゃんとできていなくて

すみません、すみません、と。




まどろみの中に訪れる哀切。

抑えの利かない、とても感傷的な時間。




そんな権坊だからこそ、目が覚めた時に周りに居てくれる今の仲間、

凌統や、甘寧や丁奉、陸遜を大切に思える。


今の大切さを感じ、楽しむことが出来る。






これはきっとそんな権坊が見た夢。

優しい練師の膝の上で見た、優しい夢。





だから、ね。

最後まで、もうちょっとだけ夢を見させてあげて。

とてもいい夢だから。





☆☆





さて。

ザ・パーフェクト大都督周瑜の策によると、まずは好きに戦えとのこと。

では、好きに暴れますか。




と、開幕と同時にドリームマッチ。

周瑜 VS 張郃


あなたが美周郎ですね?
いざ!張儁乂が美しき勝負を!


曹仁と江陵を争った周瑜。

朱然と江陵を争った張郃。

共に江陵をかけて争った二人が時を超えて激突!!



もしかして権坊がこの夢を見ていたころ、ちょうど江陵の朱然が孤立無援状態で、

夢の中に周瑜が出てきて張郃と戦ってくれてたのかも・・・。

なんて、そこまでは考え過ぎですね。クスクス





そしてもう一人。

私が奏でるのは報恩の調べ。
この命を賭してあなたを止めましょう。


ブンキッキ来たーーーーーーー!!!!


いやぁ、6猛将伝の堅パパとの絡みで、なーんか好きになれなかったけど、

周瑜丁奉と仲よしさんだったとは知らなんだ。
※将星モードの話です

ごめんよー。


そっかー、献帝助ける時はまだ若くて、ちょっとこじらせてただけだったのね。

長い旅を経て一周回ってストレートになってたとは。

よし、この戦が終わったら長い長い旅の話をゆっくり聞くからちょっと待ってろー♪





☆☆





正門を突破すると一同分かれて行動することに。


策兄危ないところは俺たちに任せろの言葉通り、

賈詡と大量の弓兵の待つ今作一番の危険地帯へ突進。


ここ、低レベルでやってるとゲージ管理しっかりしてないと詰みます。

しかも、開幕直後だからよほど意識してゲージ管理しないといけないというね。




しかーし。


我らが小覇王はそんなのものともせずあっという間に賈詡を倒してくれます♪


さっすが策兄!!そこにしびれる、あこがれ(ry





☆☆




一方で出ましたよ、彼女。


王異
さあ、始めるわ。
動くものがなくなるまで狩りつくすの


えーっと…

なんか、実は分かっててキャラ作りに走ってない??

なんつーの?黒猫的なっつーか。

実は冷静にキチガイキャラ演じてるだけとか???

と、言いそうになっちゃう王異さん。

なんか、歪みねぇ堅パパの前だとこの手のキャラって、浮いちゃうよね。







そしてさらにドリームマッチ勃発!


夏侯淵
やれやれ、家族総出で来やがって
相手するこっちの身にもなれってんだ

堅パパ
はっはっはっ何、心配するな
俺がここで楽にしてやろう



声優さんって、本当、すごい♪




















その頃、ある武人が釣られていたという

むう、1000万の武に値する武人がいるか
ならば私の手で止めねばなるまいな


   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | ヤマダ──!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)





☆☆





堅パパ
ほう、城の裏に池があるのか
しかし陸遜、ここからどう奇襲するのだ


ifだから、夢だからこそのこの絡み。

権坊の夢の中では、パパと陸遜もなじんでるんでしょうね…。


まあ、どういう火計奇襲をするのかはみなさんご存じだと思います。






さあ、さらに続くドリームマッチは

練氏 VS 甄姫

甄姫
我が君の道、邪魔はさせませんわ。
さあ、ここで逝っておしまいなさい。


練氏
いいえ、倒れるわけにはいかないわ
孫権様の道、必ず守ると決めたのだから。



…あれ?甄姫が珍しくdis飛ばしてこない…。











ところで、そのセリフ、袁煕の前でも言えんの?
















そして、他にも、

策兄 VS 夏候惇 などのドリームマッチが乱れ飛ぶ中、


権坊も夢だからといい気になってドリームマッチ組み過ぎw




今作、最大級のドリームマッチが孫呉本陣の前で勃発!!!

















孫呉
孫静、呂範、全琮


VS

曹魏
夏侯尚、曹叡、曹仁



の、熾烈な次作無双化獲得戦!!!

我こそは次作の無双武将だ!!!とばかりにモブ武将が戦いを繰り広げていました。



まあ、陳宮と荀彧が笑って眺めてますけどね。

つか、最初の堅パパの董卓、袁紹、袁術って気になりません?

来るか?池上袁術w





















あ…曹仁さんが居た…





☆☆





曹丕
孫権よ、私が相手をしてやろう
曹孟徳の覇道は、この曹子桓の治世へ至る



合肥新城で乱世の果てで再び会いまみえる約を交わした二人。

いや、合肥新城だけではなく、洞口で、合肥で、時の環が巡り来る度に対峙する宿命の二人。


思えば、真の三国時代の到来はこの二人の対峙の先に訪れたわけで…。






 
武門孫呉の激闘史♪

208年 赤壁の戦い 合肥の戦い



212年 濡須口の戦い


215年 合肥の戦い
216年 濡須口の戦い 曹魏総力戦 (孫権降伏)


219年 劉備が漢中を攻略
同年   樊城の戦い

221年 夷陵の戦い(劉備の大親征)
222年 6月夷陵の戦い終戦 
同年   9月曹丕三方面の大親征




ここでちょっと赤壁以降の孫呉の激闘史振り返ってみましょう。

よく、演義やオロオロ魯粛や張昭爺や諸葛瑾の影響で、

孫呉は政治力に優れていたから生き残った!

という話を聞きますが、実はそれだけではありません。


武門孫呉の名に恥じぬ、めっちゃ脳筋武闘派の側面があるからこそ政治力も発揮できたのです。

特にこの初代真三國無双が発売されてから、真三國無双7が発売されるくらいの間

武闘派っぷりはやばいです。


江東の小覇王・孫策真っ青の暴れっぷりです。





216年の濡須口の戦いでは総力戦の曹魏と殴り合いの末WK.O.

孫権が曹操に降伏したことで判定負けですが、総力戦の曹魏を押し返し実質的な勝利。



曹魏が孫呉に手痛いダメージを負ったところを狙いすまして蜀が漢中を強奪するも、

その直後に孫呉が樊城で三国時代随一の武将・関羽を討ち取り、

関羽の復讐、漢@蜀の皇帝として後に引けぬ劉備の大親征を完膚なきまで粉砕し

新興国・漢@蜀の夢も希望も、親分劉備、関羽、張飛とともに完全に叩き潰すという金星



おそらく劉備一派は三国時代1、2を争うほどの超戦上手な部隊であり、

だからこそ、落ちぶれても落ちぶれてもどこかの陣営がその腕を欲しがったという強者ども。

実際、ここに至るまでどの陣営も劉備一派を潰せなかったですからね。

それを完全粉砕。




その大決戦の終結からたった3か月後には三国時代1、2を争う大戦勃発。

これも新皇帝・曹丕の後に引けぬ威信をかけた大親征

実は五丈原なんかより、この辺の方がよほどか大決戦だらけで面白いんですよね。。





特にこの三方面の戦いは孫呉、曹魏ともオールスター勢揃いで激面プンプン丸。


朱然、朱桓、呂範、全琮、徐盛、潘璋、董昭、賀斉…

曹真、曹休、夏候尚、臧覇…



この辺が無双武将化されたら面白いだろうなぁ…。






で、この曹丕の大親征脳筋武門孫呉は退けちゃう



例えるなら、三国時代随一の戦上手劉備一派を相手に殴り合いの末、完全K.O.勝ちした直後、

同じ日に最強国、全力の曹魏と殴り合ってリング上に立ち続けてるようなもんです。



なんか劉備一派を潰したのは曹魏、宿敵は曹魏みたいに思われがちですが、

潰したのは孫呉なんですよね。

しかも完膚なきまでに。




メチャクチャ強いっすよ、この時期の孫呉





で、この殴り合いに耐えた後、曹魏の正統性に揺らぎを与えるために漢@蜀を生きながらえさせ

三国時代という時代を作りあげていったんですよね。

孫呉視点で言えば。











つまり、


三国時代を作ったのは、大帝・孫仲謀ってことです。


言わせんな、恥ずか(ry





その一連の流れの中、

孫呉が漢@蜀を生きながらえさせるために蜀漢内の荊州閥をバックアップしたのが

諸葛瑾、諸葛亮のルートだったと。

その中で諸葛亮の名が台頭したんじゃないのかな?と思っています。





☆☆





曹操

来たか孫堅よ。
乱世の果て、儂と雌雄を決するのは貴様か。



ほう、江東の小覇王か。
来るがいい、覇道往くものの力、見せてやろう。



孫家の娘か。
確か劉備に嫁いだのだったな。
おぬしのような小娘に後れをとりはせんぞ。



孫家の小倅がここまで来るとはな
ならば儂の全力を持って対してやろう。






傑物、曹孟徳。

清流派の高き志は死してなおその薄葬にあらわされ、

その生き様に共鳴した者たちが集い、

自由闊達な雰囲気の中でその才能を発揮した。




唐の時代、日本に帰ろうとした阿倍仲麻呂は七子詩を渡されたんだそうです。

(阿倍仲麻呂は結局帰れなかったわけだけれど)


その心は?

建安七子が活躍した時代のように、自由なサロンを日本でも作って下さい。

という意味合いだったとか。


唐の時代にも理想とされた曹孟徳の建安時代





曹操の元には不思議なほどに傷ついた人たちが集っている。

それだけで曹孟徳の人となりが分かる。

多分、とても繊細で優しい人。






曹操は薄葬。

儒教的には厚葬。

一方、上古の時代よしとされたのは薄葬。


荀彧はどちらだったのだろう…。



話としては道を違えた曹操と荀彧、そして死を賜る荀彧というのが面白いのは分かる。


でも、個人的な考えを言わせて貰えば、

曹操と荀彧が道を違えたとはどうしても思えない。

最初から最後まで二人の志を同じだったとしか思いたくない…。










曹操が目指したのは絶対的な平和。

揺らぐことのない帝政と中央集権の官僚機構

安全な場があるからこそ、中の人々は穏やかに、平和に、自由闊達な空気の中で生きていける。



権坊が目指したのも絶対的な平和。

互いを認め合うことで支えあうことの出来る地方分権による連合政権

互いの立場を認め、尊重し、支えあうことで人々は平和に、自由闊達な空気の中で生きていける。






ここまで誰一人、死ぬことのなかった、殺すことのなかった権坊の優しい夢の中で、

曹操だけが己の道に殉じ、炎の中に消えていく。



相手を認めることを是とする権坊の夢の中では他人の命は奪われない。

制裁与奪の権利など他人が持とうはずもない。


しかし、だからこそ死ぬ権利も奪うことは出来ない。

相手の意思を尊重する権坊だからこそ、曹操の生きる道を止めることは出来ない…。





最後まで曹操との共生を探ろうとする権坊。

そう言えば6でも劉備を見逃し、曹丕を見逃してたっけ…。



もうねぇ、よく分からないけど、この権坊が好きすぎてやばい

上手く言えないけどすごい好き♪





☆☆






周瑜、とうとうここまで来たな。



ああ、孫策。
君の目に間違いはなかったな。
殿…、孫権殿はまさしく天下の器だ。



だろ?
あいつは俺なんかよりずっとすげえんだ。






☆☆





これは夢。


大帝が優しい練師の膝の上で見る優しい夢。


聞こえるのは歌声。


優しい子守歌。









壁の中に閉じこもるあなた
本当は疲れているくせに平気な振りをして
淋しさのかけらも見せずに

物事の終わりを受け止めなさい
おかえりなさい
やがて来たる未来を喜びなさい

♪やれるだけの事は
やってきたのでしょう
幸せになりなさい
まだかすかに脈もあるし
波打つ鼓動もある
その音を辿って
この回路から抜けなさい

寂しいときは 夢に生きる前に
あなただけの世界を隅々まで確認して。
光が無くても
描く明日の残像はきっとあるから

物事には全て潮時があるの
おかえりなさい
やがて来たる未来を信じなさい

♪♪やれるだけの事は
やってきたのでしょう
幸せになりなさい
かすかに花も香るし
道を照らす光だってある
目の前のその光信じて この回路から抜けなさい





☆☆





こんな素敵な夢を、本当にありがとうございました♪


最高です。


今まで見聞きしたすべての三国志ものの中で最高です♪♪♪


絶対、墓まで持って行きますw
[PR]
by hot_soul | 2013-04-30 23:08 | ゲームのお時間ざんす