ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

千年の風景

b0016043_21471293.jpg




そういや最近ちっとも車に乗りたいと思わないや・・・。東京にいる頃は狂おしいほど車に乗ってどこか遠くへ行きたいと思っていたのに・・・。今は少し多めに風の香りを感じるために、二つ向こうの駅まで自転車で行って、しっかり西鉄。その途中で目に付いたものをカシャカシャ。三号沿いは少し開けた感じだけど、道一つ入ると、ほら、棚田でこーんな千年の風景。学芸大学から自転車で20分と言えば代官山を抜けてちょうど渋谷ってところかぁ。へーんな感じ。

一昨日、地図を持ってウロウロしている女の子がいたから、すこーしゆっくり自転車を漕いでたら、案の定声をかけられました。英語で。都府楼跡と観世音寺の間で、観世音寺に行きたかったみたい。そっから歩いて3分くらいで観世音寺だったので一緒に歩いて案内。どっから来たの?と尋ねたら、台湾からだよって言ってました。英語で。アジアの文化交流のことを勉強していて、一人で太宰府に来たんだって。英語で。

東京で過ごしてた頃は朝の6時に家を出て、家に帰るのは午前様、そっから2時まで、下手すりゃ4時まで飲んでバタンキューってな毎日で、妙に忙しい割に積み重ならない繰り返しの日常に不思議な虚しさを感じたりもしてたんだけど、千年の時を変わらずに過ごす街に戻ると、一年二年単位でゆっくりと、でも着実に変わるものの姿がハッキリと捉えられて不思議な充実感に包まれています。

東京で過ごした日々も愛おしいんだけどね。色のない深海のようなBARで過ごした時間は、あの頃の僕には必要だったし。でも、今後あの手の時間が必要か?と問われれば、やわらかく、No thank you. いや、もういいよ。でも・・・ありがと。そんな感じ。

帰福一年。ますます最高太宰府暮らし♪
[PR]
by hot_soul | 2006-06-14 22:00