ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

筑紫野 あしき

b0016043_2254527.jpg




                             **


こんな夢を見た。


洞窟の中。
たき火の前。

DAIは冒険者。
たき火の向こうにホイミン。

「ねーねー、なんで、あの時声をかけてくれなかったの?」
「あ゛ー、君、悪いモンスターだと思ったからさ。」
「ひどーい。」
「ごめんごめん。」
「普通、ああいう風に立ってるモンスターが居たら声をかけるじゃないかー。」
「まあねぇ…。でも、ほら、避けられる争いなら、避けた方がいいじゃない。あんまり争いたくないしさ。」
「……。」


                              **


DAIの家の団地を出たところにあるスーパーの脇を通り過ぎたら、
そこはもう阿志岐の原。

DAIが東京で生活していた頃、福岡に戻るたびに散歩をしていたあの田圃道。
東京に戻る前の日は、いつも阿志岐のたんぼ道を歩き回って、
体一杯に空気を詰め込んで、東京に戻っていたっけ…。

DAIはこの景色が大好きだ。

                              **

万葉の歌人達が都に戻る前に、
この阿志岐の景色を楽しみ、宴会を開いていたのを知ったのは、
つい最近のことだ。


                              **


その阿志岐の原で、1日、85歳のおばあちゃんが土佐犬に襲われて、
側溝に落ちて死亡した。

やりきれない思いのする事件だった。

色々ある。
色々あるけれど、85歳の人生が、犬に襲われて終わったのかと思うと、
もう、堪えきれないほど、切なくなってしまう。


                              **


なぜ、ちょっと犬を綱に繋いでおかなかったのか?
なぜ、そのちょっとのルールを守れなかったのか?

犬は人間の最高のパートナーだと思う。
でも、
だからこそ、
ルールは守るべきだったのではないのだろうか?

守るべき、最低のことを「ルール」と言うんだと思う。

ほんのちょっとのルールを守れないことで、
どれだけの不幸が待っているのか。

人は、愚かだ。


                              **


茨城の東海村で、
行方不明になっていた認知症のおばあちゃんが見つかったそうだ。
冷え込みが厳しく、凍死してもおかしくない状況で、
おばあちゃんは、野良犬を膝にのせて寝ていたそうだ。

犬の温もりが、おばあちゃんを救ったのだろう、と。

悲しい事件の後で、ちょっと、ホッとする報道だった。


                              **


「いや、君が良いモンスターだって知ってたら、声をかけたんだけどねぇ。ごめんねー。」
「争いたくなかったから声をかけなかったの?」
「うん、そう。ごめんねー。」

そういうと、ホイミンは、なんだか嬉しそうに
ふわんふわんと笑っていた。
[PR]
by hot_soul | 2007-12-07 23:12