ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

そうだ!奈良へ行こう♪ 5 手向山八幡 法華堂

今回の旅行、実は、のっけから大失態。

カメラを忘れましたー。

昼間に動くことの多い旅は CASIO EXILIM Z57 の超バッテリー。
夜、夕方に移動の多い旅なら手ぶれ補正のついた PowerShot S2IS。
お散歩カメラは、小さくてかさばらない Cyber-Shot U-20。

OLYMPUS E500 って案外持ち歩かないんだよね。
一眼はまだまだ、気後れしちゃう。

そのどれ一つかばんの中になかったときの焦りと言ったら。


                           **


つか、なに、この EXILIM EX-F1 って??
化け物??
(いや、エクシリムってどういうつづりだっけ?と樫尾のサイト覗いたんだけどね)

いや、なんだかんだで、EXILIMシリーズって、カメラどうこうより、
もう、色んな意味でカメラを越えた記録媒体としてすごいなぁ、
と、思うことが多いんだけれど。
バッテリーの持ちとかすさまじいし。

これは、もう、ちょっと凄すぎるねぇ。
なに、この 60コマ/1秒 って。

初代EXILIMとライバル関係だった、Uシリーズは2年でラインから消えたのにねぇ。

これだと、Jのフラッシュピストンマッハパンチ(10発/1秒 0.1)はもとより、
志那虎のスペシャルローリングサンダー(5発/0.1秒 0.02)も、
ばっちり写せんじゃん
!?

これがあったら、ドイツJr. の分析もバッチリすすむね。
ヘルガ大喜び。


                              **


ま、そんなわけで、今回、しまったなぁ、と思いつつ、
こんな時こそ、携帯の写真機能でつよ。

と、携帯で写真撮りまくったんですが、つらい。
正直、辛かったっす。

シャッターのタイミングがちょっとズレるし、
枚数が多くなると、メモリに保存するのが、ものっすごく遅くなるのね。

こりゃ、いくらメモリを大容量にしても、意味がないねぇ。
だって、そんなにたくさん撮ろうって気にならないもの。

やっぱ、あれかね、携帯の写真は写メール用かな。
写メールで花の写真なんかを送ってたころが、一番携帯の写真を使ってたな。


                           **


ここで一句。
「この回で 終わるといいな 奈良紀行」

いや、なんでもありません。
さぁ、続き、いきましょう。


b0016043_23572665.jpg


手向山八幡

さあ、やって来ました、手向山八幡宮。
ついに、我らが「宇佐八幡宮」の登場です。
ここはね、ちょっと興味あったんだよねぇ。

その前に、八幡信仰とは何か?という話。
軽くいっとく?


                            **


宇佐のある豊前の地は、海流の関係もあって、
古代から半島とは密接な関係を築いていた、と。

そこには、海氏や宇佐氏などの豪族が居着きました、と。

やがて、三角池の霊をまつった海氏の大貞神や、
馬城峯の巨石をまつる宇佐氏の祖神が次第に統合され、
豊前国の南半を支配する宇佐神の信仰を形成していった、と。

一方、4,5世紀に朝鮮半島から豊前国北半に
新羅系シャーマンを中心とする、辛島氏が進出してきた、と。
辛島氏は香春岳の銅山採掘をおこなってりしていたが、
やがて、宇佐神信仰圏へ勢力を伸ばしていった、と。

やがて、宇佐神信仰新羅系シャーマン信仰が統合していき、
八幡神の初期形態が整っていった、と。


はは、よー分からんけど、ゴテンクスみたいなもんか。


もともと、新羅系シャーマン信仰や、百済系の信仰には
仏教や陰陽道の色彩が入っており、
それが土俗信仰と統合されることで、
仏教臭の強い、独特の信仰に発展していった、と。


それで、北部九州地方に強い勢力圏を築いていた宇佐に、
中央から、大神比義(おおみわなみよし)が送り込まれた、と。
ここで、宇佐は大神神社とつながりが出てくる、と。
これが、6世紀後半の頃の話。
ちょうど、西国さんが大神神社に行って来られた、とか。^^


で、この前後、6世紀末から、7世紀にかけて、
宇佐神宮の周りには、法鏡寺、虚空蔵寺、相原廃寺、垂水廃寺、
などの神宮寺が次々と建立されていった、と。

つか、こう考えると、宇佐って仏教系じゃねーの?
という、気がしないでもない。
つーか、その陰陽道なのか、仏道なのかよー分からん怪しさって、アレだよね。


                          **


そうそう、で、その宇佐八幡宮がなんで、手向山に祭られているかというと、
東大寺建立にふかーい関わりがある、と。

当時、天然痘が流行ったり、度重なる遷都、
新たに導入された律令制が、民草を非常に苦しめていました、と。
当然、地方豪族もおいおいおい、ってな状態。

そこに来て、超巨大プロジェクト、大仏建立なんて聖武天皇が言いだしたものだから、
結構、ブーイングの嵐だった、と。

で、大仏がつくりたいよーん、とわがままを通したい天皇としては、
伊勢神宮やら、宇佐八幡にお伺いを立ててみた、と。

したら、宇佐八幡宮から、
諸神を率いて、大仏建立を成功させよう、とのご託宣が出たといって、
宇佐八幡という権威が、大仏建立にお墨付きを与えたわけだ。

天皇は、よっしゃよっしゃ、でかいん建てたんでー。
ってな感じ。
で、朝廷は口裏あわせてくれてありがとん♪ とばかりに、
宇佐から八幡神を請来した、と。
これが、手向山八幡宮というわけ。

うわ、宇佐八幡、世渡り上手♪

これで、巫尼 大神杜女は従四位下、主神司 大神田麻呂は従五位を授けられた、

んだけれど、大仏が無事建立されると、用済みとばかりに、
杜女、田麻呂 ともに恩賞を取り上げられたばかりか、
流罪に処されてしまったわけだ。
ついでに、八幡神に封じられた莫大な田畑も朝廷に回収された、と。

朝廷、えげつなっ!


この後、朝廷から送り込まれていた大神閥が去った宇佐八幡では、
辛島氏、宇佐氏が実権を取り戻したり、と、
なにやら、もう、神様もあきれるような生臭い話が続いて、
その果てに、道鏡の話が出てくる、と。

以上。

付け加えると、道鏡事件で、辛島氏と宇佐氏はせっかく復活したのにすかさず失脚。
大神氏の杜女、田麻呂が復活してたりするんだ、これが。

道鏡をはずして考えると、宇佐内部での 新羅系 vs 大神系

ってな感じのラインでしょうか。
でも、今はスルー。


                           **


うーん、八幡宮の成り立ちとかはなんとなーく分かった気になるけれど、
結局、なんで、宇佐八幡がここまで朝廷に影響力があったかは分からない‥。
なんでだ?

ま、古代史散策はこれくらいにして、
奈良散策に戻らねば。


                           **


b0016043_22124626.jpg


法華堂

ここ何かあんの?

と、お堂の前で暴言を吐いていると、
階段にちょこんと座って折られた初老のガイドの方が、

仏様が14体おらっしゃるよ。あっちはでかいの一体だけやけど、
14体も見られるから、見ていかないかんで。

と、教えてくれたので、ほほーっ、それは入らなな、と入ってみて、
自身の不勉強を恥じ入りました。

ご本尊は不空絹索観音様。
ああ、これね、見たことあるある。

えーっと、確か、絹索で煩悩を縛り付けて、
あわせた手の中にある玉からビームを出すとかなんとか。


・・・・・・・・テリーマン+ウルトラマン?

そういやテリーマン、アシュラマンと戦ってたしな。
二度も。



それにしても、奈良の仏様のなんと肉感たっぷりなことか。
仏師達は何を思って彫ったんだろうねぇ…。

目をつぶると、天平のざわめきが聞こえてくるじゃない。
って、団体客が入ってきただけですか。
そーですか。


                            **


b0016043_2357287.jpg


二月堂

東大寺は、法華堂、東大寺、戒壇院と500円ずつとるのに、
なぜか二月堂は拝観料フリーなのね。

お財布に優しいですな。

が、活きのよかった老人も、さすがに二月堂の階段でばて気味です。
そろそろ限界かな。

b0016043_23591713.jpg


ふ、と眼下に広がる風景。
ああ、この風景…。

金山寺のお塔から見た風景…。

ブラック、元気かな。

そういや、あの塔でブラックの留学話とか聞いたっけ。

でも、ちょっと違う。

もっと前…。

六溶寺?

いや、それも違うか。

あそこはもっとゴミゴミしていて、生活感があふれていて、そんな風景だったけ。

あれ?

あそこ。

あの路。

なんだっけ?

ざわめく通り。

路の途中にある小学校。

亀ゼリー。

西国さんと食べた。

肌にいいんですよって笑ってる。

ほら、あの路。

だめだ、名前が出てこない‥。


去りゆく記憶、か。
ふふ、ま、無理して思い出さなくてもいっか。


b0016043_0193425.jpg


DAIは祈らない。
今も昔も変わらぬ姿。

でも。
祈りに身を捧げる人達を守りたい、とは、思う。

今も昔も。

なんてね。
クスクス


                            **


b0016043_0245687.jpg


鐘楼

えーっと、上手く鐘が写ってないんですが、人が写りこんでいるのでこの写真。
分かります?
左下の方の人。


フ、フ、フ、フハハハハハハ!!
人がゴミのようだ!!


って、思わずムスカりたくなるほど、でかいんです。
マジででかいの。
びっくったー。
























‥あ、朝天路だ。

ムスカってたら、急に思い出しちゃったよ。
本当、人の記憶ってどういうスイッチで思い出すんだろ。
不思議。
[PR]
by hot_soul | 2008-01-22 23:57 | あてのない旅さ♪