ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

和モダンへの旅 第一弾

b0016043_11382529.jpg




気がつけば新DAI家、どんどん「和」テイストが強くなっております。

なぜか本格的茶道具一式が揃ったり、つか、茶釜とかどーしろと。

幼稚園に上がる前まで飾っていた兜を30年振りくらいに飾ったら、
えらい豪勢で、こりゃずーっとかざっとこうかいな、と思ったり。

つか、そう。
「和」は「和」でも「和」モダンとかじゃなく、こてこての「和」ですやん。
もう、ギース様の部屋並。


これじゃいかんと一念発起。
このゴールデンウィークは「和」モダン探しの旅に出たのであった。



つーわけで、「和」モダンへの道、第一弾は有田。
つか、ゴールデンウィーク中は有田は町中が焼き物市場になってるのね。
すごい人でびっくらこいた。

ただの無料駐車場だと思ってたポーセリンパークとやらは、
案外有名なテーマパークだったみたいだし。

しまったな。
ちょっと勉強不足だった…。


つか、ぶっちゃけ、焼き物市とか知らなくて、DAIは「仁窯」さんを見に行こうと思ってただけなのだ。
仁窯さんを見に行ってみたら、なんか、えらい車が多くて人が多くて、町中に焼き物があって、
そこで初めてこの時期、有田が焼き物市になっているのを知ったという。
あほだ。

有田陶器市

うぇ~、期間中100万人かよ~。
どーりで。


で、仁窯さんでものすごーく綺麗な花瓶を発見!
もう、本当にこれはどうしようもなく素敵すぎっ!!
という花瓶だったのだけれど、お値段の方も素敵な28万円。
そんかし、素敵な中皿48000円のを20000円でゲット♪

東京でも11月くらいに三越とか東武で個展をされるみたいなので、
めちゃくちゃおすすめ♪
だって、本当に、綺麗なんだもん。

小畑さんはとても優しい方で、駐車場まで来るまで乗せて行って下さったり、
ああ、なるほど、こういう柄を描かれる人は、普段からこまやかなんだなぁ、
と、作品に現れる人柄に納得♪

定番好きのDAIはミントンのハドンホールで揃えたい人なんだけど
(なにしろ陶磁器は定番じゃないと欠けた時に困る)
これからは「仁窯」さんの桜系で揃えていこっかな。
[PR]
by hot_soul | 2008-05-05 11:52 | あてのない旅さ♪