ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

ときどきみゆきさんのドラクエ

b0016043_15305767.jpg




み「なぁなぁ、コナンベリーの次、どこに行くんだ?」

D「南に行けばいいんじゃん?」

み「そうなのか、行ってみる」



翌日



み「なぁ、どうすればいいんだ?」

D「ん?どこまで行ったの?」

み「いや、昨日から進んでないんだよ。」

D「進んでないって?ミネアご一行と合流したのか?」

み「いや、まだしてない。」

D「南に行ったか?」

み「山沿いに南に行ったら塔のある村につくだろ。でも、話が進まない。」

D「山?いや、ミントスまで3秒くらいで着くだろ???」

み「ロザリーヒルだっけな。なんか敵もやたら強いし、もーやだ。」

D「???? いや、山って・・・。船を貰ったよな?」

み「南に行けっていうから、海沿いに細い川を遡って行ったぞ。」

D「!」

み「いったいどうすればいいんだ?」

D「昔さ、女の友達がさ、言うわけよ。」

み「?」

D「なんで北極と南極は同じ場所なのに、北極は寒くて南極は暑いんですか?って。」

み「なんの話だ?」

D「まあ聞けよ。その質問を聞いたとき、俺は軽いパニックになってな。この人は何を言い出したんだろう?って。だってさ、北極と南極は同じ場所なのに、北極は寒くて南極は暑いんだぜ?」

み「どういうことだ?」

D「今、軽くその時と同じパニックに陥ってたぜ。」

み「ふむふむ。」

D「よくよく聞くとな、彼女の言い分はこうだったんだよ。地図の左右はつながってるだろ?だから、上と下がつながってると思っていたんだよ、彼女は。しかもな、南の方が暑いと思ってるから、南極は暑い地方だったんだよ、彼女の中で。ちなみに彼女は税理士試験を受けてる子だったんだけどな。」

み「あー、そういうことか。で、なんでその話が出てくるんだ?」

D「なぁ、みゆきさん。」

み「なんだ?」

D「南って上と下、どっちだ?」

み「上だよ。」

D「南って上と下どっちだ?」

み「?上だぞ?」

D「南って上と下どっちだ?」

み「?」

D「ロザリーヒルはコナンベリーの北だぞ。」

み「はっ!!」

D「まあ、人間、そういう軽い勘違いというか思いこみって時々あるよな。」

み「いや、普段は分かってるぞ?南は上だろ?」

D「南は上?」

み「いや、だから、南は下だろ?」

D「いや、いいよ、分かるから。あるある、そーゆーの。」



                             ※※



み「なぁ、ミナデインって使ったことあるか?」

D「ない。つか、DAIの勇者は呪文を唱えない。ドラクエ2脳だから。」

み「なんか使えないんだよー。」

D「あー、それメンバー全員MP持ってないと駄目なんじゃね?」

み「そうなのか?どれ、ちょっとやってみるかね。」



みゆきさん入れ替え中



み「ほい、じゃあ、人生初ミナデイン、行きますっ!!」

D「おーそれちょっと興味あるな。」

み「さあ、マーニャ!クリフト!ブライ!!みんなの力を合わせて行くわよっ!!」

D「行けー行けー。」


み「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


D「どしたー?みゆきさーん?声が聞こえないぞー。」

み「このタコ魔神め!!」

D「はい?」

み「みんなの、みんなの力を合わせた、想いをのせた、初めてのミナデインが!!」

D「ほい?」

み「タコ魔神にスルーされたっ!!!この野郎!!ブライ怒りの会心だぞっ!!」

D「なー、だから言ったじゃん。ドラクエで大事なのは打撃。無双の打撃。」

み「このタコがっ!!タコがっ!!タコがっ!!」



                            ※※


み「ちょっと~、ピサロなんか上から目線でむかつくんですけど~。美形だから余計むかつく。」

D「素直に萌えちまえよ。」
[PR]
by hot_soul | 2008-09-22 15:49 | ゲームのお時間ざんす