ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

子供力

b0016043_22371331.jpg



この時期になると、プーが迷子になった時のことを、ふ、と思い出す。

生まれ故郷に似た景色の中にさまよい出たプー。

引っ越したばかりで、柵に大穴があいてたことに気がつかなかったんだよね。

奇跡的に見つかったんだけどさ。


それから一年後、プーは天国のポン太のところに行ったっけ。

2002年の1月4日のこと。


プーはみやちゃんの犬だった。

当時、大阪に嫁いで、3度目の流産の末、やっと順調に妊娠していたみやちゃん。

プーは元気?とみやちゃんが大阪からの電話で聞いてくる度に、

うん、元気、元気、と、嘘をつくのが僕の役目。


4度目の妊娠で初めて子供が生まれたのは、きっとプーが守ってくれたから。

なんか、そんな気がしている。

多分、プーはAnちゃんを守るために、空に昇っていったんだろう。

Anちゃんはプーに守られている。



Anちゃんのお話はとても面白い。

大阪のじいちゃん、ばあちゃん、お父さん、おじさん、おじさんの嫁、父親、そしてみやちゃん

と一緒に暮らしているからだろう。

コミュニケーション能力が、ちょっと異常に発達している。


時々、作文のコンクールなんかで表彰されている。

そういや、昔、新聞にAnちゃんの作文が載ってたっけ。

あれは幼稚園に上がる前。



他にも、一度、大賞なしの佳作3作品に残ったことがあった。

東京まで表彰に行ったらしい。

そこで審査員に言われたとか。

本当は、Anちゃんを大賞にしようという声があがっていたのだけれど、

あまりにも作文が上手すぎて、本人が書いたんじゃないんじゃないか?

と、言う疑惑が生まれたそうだ。

このときも、確か幼稚園に上がる前の話。

でも、と審査員が言ったとか。

会って分かりました。

この子なら、あの文章を書ける。

そうして、大賞にしなかったことを謝られたとか。



そして、今日発表の 第9回 ドラえもん 全国作文コンクール 。

はい。

Anちゃん、見事にただ一人の大賞になっちゃいました。

すごす。



つーか、Anちゃんの作文にはいつも意表をつかれてしまう。

大賞云々関係なく、ゲラ笑い。

ありか?そんな考えありなのか?

いや、でも、みやちゃんも宇宙人だったからな・・・。



あー、次にAnちゃんに会えるのはいつだろうか。

楽しみだ♪

NanちゃんもAnちゃんに会えるのを楽しみにしてるしね♪

子供の力って偉大♪




ちなみに、おじちゃんは賞品ののノートパソコンにスカイプを入れるように

激しくみやちゃんに要請中。

みやちゃんのパソコン、まだmeなんよね(笑

早くテレビ電話でNanちゃんとお話させてあげたくて♪
[PR]
by hot_soul | 2008-12-01 22:52