ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

カテゴリ:あてのない旅さ♪( 94 )

大鳴門橋を通り過ぎると、なんだか妙にわかめが食べたくなった。

窓から入ってくる潮の匂いがね・・・。


徳島に来て初めて食べたのって、わかめうどんだったなぁ・・・。

最近さ、小麦冶で久しぶりにわかめうどん食べたらメチャクチャおいしくて。

ここんところ、ずーっとわかめうどんにはまってるんだよね。

透明なスープにうっすらとわかめの緑。

油っぽいものは入ってないのがいーんだよね、わかめの鮮烈な香りが消えちゃうから。

わかめの香りとだしがなんとも言えず良い感じでさ~。

ああ、僕はなんておいしいものを忘れていたんだっ!!って思っちゃったもんね。

海老フライとわかめうどんがここ数年、僕の中では味のリバイバルブーム。



※※

b0016043_11394093.jpg



※※



車は垂水で下に降りて、R2をちょいとばかり東へ走ります。

鳴門-垂水間で1000円、で、その後、山陽道に入るんだけど、折角だから一度下に降りようかな、と。

神戸も住んでた街だしね。


んー、ケーキでも食べて帰ろうかなぁ、と思いつつ、休日だし人も多いんだろうなぁ・・・、と思いつつ。

今回は三宮あたりは華麗にスルー。

っていうか、なんちゃんが乗ってるから長い時間車をあけられないんだよね。

悪いことにカンカン照りだし。

犬って、ほら、5分で熱射病になっちゃうって言うじゃない。

それ考えたら、おいそれと下車できないしさ。


結構、最近、みゆきさんと行ったしね。

ここのブログ始めた頃も行った記憶。

結構、神戸は行ってるんだよね。



※※

b0016043_11433653.jpg



※※



上が阪神高速なんだけどさ、この辺だよ、倒れたの。

プーの散歩道だったのにねぇ・・・。

巨大な高速が倒れてる姿にはすげぇびびったっつーか・・・。

あり得ない、って感じだったなぁ・・・。



※※

b0016043_11463344.jpg



※※



うちは、被害が最も大きかった東灘区のJRでいう摂津本山、阪急の岡本辺り。

この写真、見て貰ったら分かると思うんだけどさ、高架の色が違うでしょ?

奥の方が茶色で、手前が新しいコンクリート。



※※

b0016043_11482126.jpg



※※



元々さ、芦屋、岡本間の高架って、こんな風に岩で固めて出来てたのさ。

それが、震災でガッツリ崩れてね。

震災の後は、西宮北口から先は歩いていかないといけなくてさ。



※※

b0016043_12101584.jpg



※※



もちろん、ここんところの高架も崩れたから新しくなったんだよね。

マンションの四階と同じ高さくらいだったかな?の岩の高架があったんだよね。


もう、さびの後がついてる・・・。

時の流れを感じるねぇ・・・。

多分、一番、高架が高い辺りじゃないかなぁ・・・。


ここのマンションのさ、一階に住んでたら、と考えてみ?

あの岩がゴロゴロ落ちて来ちゃうんだよ?

おー、怖い怖い。



※※

b0016043_123118.jpg




※※



岡本の梅林公園からの眺め、好きだったなぁ・・・。

キリンさんが港にいっぱい居てさ。

ちょうどバブルの真っ最中に住んでたんだよな、この街。


一番近くのスーパーがイカリスーパーでさ。

10年後くらいに、東京じゃ高級スーパーとして名を馳せてたけど。

イカリしかねーんだもん、しょーがねーじゃん、みたいなね。

一個一個ミカンにラップが巻かれてる時は、バカじゃなかろうか?と思ったっけねぇ。クスクス

あんなミカンより、庭になるすだちの方が100倍おいしい!

そんな風に思ってた頃もありました・・・。

いや、今もだけどさ。


あー、そうそう。

あの高架下のマンションの一階の部屋に住んでた子は、当時、東京の大学に出ていてね。

窓際の部屋は、その子が帰ってくる時だけ使う物置部屋だったのさ。

だから、平気だったみたい。


変なもんでね。

東京に出て、いや、高校から親元離れて一度も自分から電話を掛けたことのないその子は、

たまたまその日、朝の6時に目が覚めて、

なんか、妙に親に電話しなきゃいけない気になって、まだ寝ぼけ眼のまま親に電話をしたんだよね。

したら、電話の向こうで、こっちは大丈夫よ、テレビもすっ飛んだけど、誰もぶつかってないから、

みたいにいきなり言われて、すごい????ってなってさ。

あんた、地震のことで電話したんじゃないの??って言われて。

で、ニュースでやってるから見てみなさい、って言われてニュースをつけたら地震のことをやっていて。

でも、その時点じゃ、ひどい震災と思ってなくてさ。

へー、って感じ。


その日は、当時の彼女と東京拘置所の中のテニスを借りて、テニスをする約束があって。

で、朝からテニスをしてたんだよね。

したら、なーんか、すっごい気分が悪くなって、そのまま食中毒で熱を出して倒れちゃって。

高熱の中、ニュースを見てたらどんどん死者の数があり得ないほど増えていってさ。

なんか、色々とすっごい気持ちが悪かったのを覚えてる。

親とは朝の電話以来電話なんかつながらなくなっちゃったし。


熱で倒れてる時、ちゃあがうる星やつら全巻持って来てくれたんだよなぁ・・・。

なんか、それ見て、時間が止まってるちゃあが妙にやるせなくて。

それも嫌だったのを覚えてる。


で、次の日、熱が下がって、東京で六甲のおいしい水を買い込んで、神戸に帰ったっけねぇ・・・。

したら西宮北口から先は歩かないといけなくてさ・・・。


あの時、見た光景は多分、この先も忘れない。

seerの前に、整然と並ぶ人たちの毅然とした態度を忘れない。

あの光景を見ちゃったらね。

ドラゴンヘッド?何?その妄想??みたいなさ。

人が狂気に走る?

ははっ、そういうの好きだねー、って感じ。


通ってた病院も、近くのマンションも、プーとの散歩道も、何もかもぶっ潰れて、

公園や小学校や大学のグラウンドに仮設住宅やテントがあふれて・・・。


バブルの頃、あんなにキラキラ輝いてた美しい街がね・・・。

ソドムとゴモラ、か・・・。


なんて、呟いたら、昔、関西の奴にえらい勢いで噛みつかれたことがあったなぁ・・・。

で、よくよく聞いたら、そいつは別に被災とか全然してなくて、

関西に住んでるだけのなんちゃって被災者でさ。

こっちが本当の被災者だって分かると、キーッとなって話しにならなくなんだよな、

そーゆー奴ってさ。


被災者ぶったり、被災者を擁護することで、そういうもの悲しい気持ちに寄り添って、

震災の雰囲気にひたりたいだけなんだろうけどさぁ、

そーゆーのって、過度にされると、いやーんな感じ、っての、分からないんだろうな・・・。

なんか、他人を思いやってる振りしてさー、実はそんなのどーでもよくて、

他人を思いやってる自分を見てくれー、って感じの人っているじゃん。

あーゆーのがね、うざいよね。



※※

b0016043_1251239.jpg



※※



さて、疲れたし、最後は中国大返しで九州へ一直線。
[PR]
by hot_soul | 2009-07-04 17:00 | あてのない旅さ♪
b0016043_11492451.jpg



さて、ちょっとドライブも長くなったので、なんちゃんのために休憩。

軽くお散歩。

このパチンコ屋の駐車場、全然、変わらない


なんちゃん、徳島に帰ってきたのよ。

ここはね・・・

ポンタとお兄ちゃんが初めて会った場所なの・・・



ああ、そういや、ちょっと変わったところといえば、横にアパート群が出来てることかな。

あそこ、昔はドブだったんだよ。

ここでよくラジコンしててさ。

僕のはマイティフロッグで、藤川君がワイルドウィリーだったんだっけ。

で、誰だっけなぁ、ガソリンエンジンの奴もっててさ。

超高い奴で、高嶺の花だったんだけど、ガソリンエンジンってバックできないのかな?

で、ドブにめがけて一直線で、ズボッとなっちゃってね。

みんなで必死に引っ張り上げたなぁ・・・。


あの時、ラジコンかファミコンで、僕はラジコンだったけど、結局、ファミコンが勝ち組になっちゃったよね。

あの時点で、まさか漏れのマイティフロッグがロードランナーに負けるとは露思わなかったY。

つか、絶対、ラジコンのが面白いと思うけどなぁ・・・。

ダイナストーム、今度走らせなきゃ。

02年だっけ?組み立てて、一度だけしか走らせてないもんな、あれ。



※※

b0016043_1153385.jpg



※※



懐かしの元我が家の門。

門がへこんでるでしょ?

これね、その横の石の支柱を9マスに見立てて、壁当てやってたんだよね。

高知商の中山とか、久留米商業の秋吉に自分を見立ててさ。

毎日100球以上投げ込んでた。笑

そうそう、清原が甲子園の決勝で2本目のホームラン打った時、

あまりの感激で、この門から飛び出して騒ぎまくってたっけねぇ・・・。


クスクス、庭のすだちの木が随分大きくなってる。



※※

b0016043_11563092.jpg



※※



四国アイランドリーグの高知のチームが照明がなくて困ってるっていってたけど、

うちの小学校のグラウンドって、照明付いてたんだよな。

結構、照明がついてるグラウンドってあった気がすんだけど・・・。

まあ、四国は大変だもんな。

所得が低いしさ。

橋ができて、少しはよくなったんだろうか・・・。



※※

b0016043_11594757.jpg



※※



この木も懐かしい。

20年も経てば大きくなるんだねぇ・・・。

クスクス



※※


b0016043_20465643.jpg



※※



徳島製粉の前を通って、問題の記憶モヤモヤ部分に突入。

する前に、あの駄菓子屋どうなってるか見ていこう。

にしても、徳島製粉の金ちゃんラーメンって東京でも福岡でも見ないんだよなぁ・・・。

あれ、結構、好きだったのに。


あ・・・


駄菓子屋、ない。


そりゃそうか・・・。


僕が寄ってた頃、すでにすごい高齢のおばあちゃんがやっててさ。

なんか、店の中にぼろったなテーブルと椅子があって、週刊誌が置いてあって、

あそこで瓶入りの森永マミーを飲むの好きだったんだよな。

つか、マミーの紙パックを見た時、すげーびびったもん。

え?マミーって瓶以外で、こんなビッグサイズあるんだ???って。


そういや、10年前来た時も寄ったんだよな。

まだおばあちゃんがいて、でも、すっごい耳が遠くなられててさ。

昔、よく寄ってたんです、って言ったら、なんか嬉しそうに、ほうね、ほうね、って笑ってくれてさ。


あとでマミーでも飲もっと。



※※

b0016043_20525613.jpg



※※



で、徳島製粉の横を抜けて、踏切渡って、こっから平惣(本屋)に行くまでの道がね、

なんか、記憶でモヤってたわけだけれど、

あー、そうか、こうやって、裏道をちょちょいと抜けたら、すぐに平惣だっけ?

こんな近かったんだっけね。


あー、ジョルトコーラを買ってたスーパー、もうなくなってるし。

クスクス


ん、なんか、ジャストがあったところに食べ物屋が建ってる。

って。

え?

赤から???

って、あれじゃん?

今度、みゆきさんところに行った時、一緒に行こうって行ってた食べ物屋?

奇偶っつーか、3、4日前まで赤からなんて食べ物屋知らなかったのに。

なんか、説明しづらい偶然ってあるよねぇ・・・。

へー。

高校の前にねぇ・・・。












って。

え?

なんか、

その、

え゛ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!












寮がない。

影も形もない。
[PR]
by hot_soul | 2009-07-03 12:01 | あてのない旅さ♪
で、その時なにやってたわけ?

波と戯れまくってた♪

は?

だって海だよ?波間でびしょびしょになるのが楽しいんじゃないか?

彼女たちその時ぶんむくれてなかったか?

ぶんむくれてたぞー。

何やってんのよ!波と遊んでばっかりで彼女たちに構わなかったんじゃないでしょうね?

うん。

なんで、そう・・・。きっと彼女たちは、こんな素敵な海岸に二人きり・・・ドキドキとか思って悶々してたんだぞ?

えーっていうかー、そりゃ小松海岸はラブホ通りだけど月小遣い1000円の寮生暮らしなんだから、そーゆーことは、例えていえば宇宙に行くような感覚だったんだぞ?

いや、ラブホとかまでは言わんけど、なんか、こう、もっと、海岸沿いでロマンチックな何かというか、

おお!吉野川大橋だ! 秋になるとさー、ここではぜ釣りすんの。5、6本の針にゴカイつけてさ、入れて、すぐに戻すとさ、それだけで5匹くらいつれるんだよ~。まさにだぼハゼ。それ持って帰って天ぷらにするとうまいんだよねー。


・・・・・・ヒロアキー、疲れたよー。

この薬草食べたら元気出るよ!

MPも足りない・・・。

ちょっとまって、確か魔法の聖水があったはず。

ヒロアキー、疲れたよー、宿屋で眠りたいー。

うんうん、馬車の中でもうちょい寝てな、ちょっと行ったら回復の泉があるから。

ビシッバシッビシッバシッ!! そんなだからビアンカが誰の子かも分からない子をはらむのよっ!!

お?お?なんだ、なんだ?元気になったじゃん。ヨカッタヨカッタ。

ヨカッタじゃねーっ!!!

お?お?みゆけさんは分けの分からないことでおこるぞー。

おこるぞーっ!!じゃねーっ!!!



※※

b0016043_8384215.jpg



※※



ああ、そうそう。

なんだ、何も変わっとりゃせんがな。

普通に田宮街道の入り口じゃん。

田宮街道ってさー、この辺はいいけど、先に進むと道は狭いし、車は多いし、ニケツしてると危ないんだよなぁ。

ちょい中学校に寄って行くかな。



※※

b0016043_8423723.jpg



※※



なんだろ?この歩道橋を見ると、妙に大甲子園の中西球道vs岩鬼の場面を思い出す。

どーでもいーんだけどさ。

ああ、そうそう。

このバス停ね。

バス待つ時間、暇でさあ、バス停の横のパイプをけっ飛ばしたら、水がビシューって10mくらい上がってさぁ。

すごい大騒ぎになった。クスクス

工場の人が出てきてどうにか止めてくれたんだよな。

そうそう。

ここに在った自販機にカナダドライってあってさー、それがカナダドライを見た初めての時だったな。




マイマイの友達にさー、森さんって子が居て、彼女、中学の後輩だったんだよね。

で、たまたま彼女の横を歩くことがあって、

さりげなーく、よーしのーのーかーわーのーゆーくほーとーりー、

って、歌ってさ、

なかなか気付かないんだけど、

ある瞬間、彼女、ふ、と気が付いて、

え?え?え?え?え?え?

なんで?なんで知ってるんですかっ!!その歌!!

なんで、なんで!!

と、驚いてたのが、超、面白かった。

まこっち曰く、あんなに他人に対してよくしゃべり、笑う森さんは後にも先にもあの一度だけだった、とか。笑



※※



なんか、ちっとも変わらないね。

そうそう、ここに市立図書館があってさ。

で、徳島公園。

ああ、これが鷲の門とかいう奴かぁ・・・。

昔は公園の中に100円ラーメンとか、100円うどんとか、100円のかき氷とかあったなぁ・・・。

で、徳島郵便局があって、おー、とば作がまだある。

で、そごうがあって、アミコがあって・・・ポッポ街とかまだあるのかな?ミラコロのソフト好きだったなぁ・・・。

で、藍場浜公園があって、阿波踊りの中継で出てくる公園ね、

で、こっから眉山の方に折れて、二軒屋を目指そうかね。


つかさー、本当、まーったく記憶から消えてたと思ってた地名とかが、

その場所に来るとスラスラ言えるのって面白い。


つか、なんか、感覚まで徳島時代に戻ってるって言うか、

あー、きたきた、いつもの間を抜かして、その場所に居た時間につながる感覚。

この感覚って不思議だな。

どんだけ時間が経っていても、すんなり時間が繋がってしまう。



※※

b0016043_9102716.jpg



※※

クスクス

この風景、変わんない・・・。

なんか、昨日、自転車でここを通ってたみたい。

通学路だったんだよね。

で、ここを左に曲がれば家の方。

ここを右に曲がって1分くらい自転車で行くと、徳島ラーメンで有名になった「いのたに」。

うん、まあ、部活帰りにしょっちゅう食べてたんだけどさ。

つか、塚ちゃんと東京に出て、有名ラーメン屋をはしごしたりしてたけどさ、

いつも結論は「いのたにの方がおいしいよなぁ」だったっけね。


まあ、僕はどっちかっつーと「来来」派だったんだけど。

僕らが行ってた頃は先代でさ。

激ウマなチャーシューが山のようにのって、絶対、麺よりチャーシューがあまるからライス必須でさ・・・。


なんにしろ、「いのたに」が全国区になった時、塚ちゃんと、

やっぱね!って、誰でもいい誰かに誇らしく思ったりしてたね。クスクス

あとで食べていこっかな。




※※

b0016043_9213958.jpg



※※



大工町を抜けて二軒屋、八万町方面へ。

その前に、金比羅さん。

この金比羅さんの前にある「日の出楼」っていう和菓子屋さんにさ、

梅を一個まるまる包んだめちゃくちゃおいしい和菓子が昔あったんだよな・・・。

ちゃあと来た時に聞いたら、もう、作ってないんです、って言われた記憶。

あれ、もう一度食べたいなぁ・・・。



※※



そうそう。

この辺に本屋が昔あってさ。

ここで妙に覚えてるのはモンゴルマンのこと。


福岡から徳島に引っ越した時にさー、ジャンプを1号飛ばしちゃったんだよね。

福岡はジャンプが火曜発売で、徳島では少し早くて金曜発売。

で、引っ越しのごたごたでなかなか買いに行けなくて金曜日に買いに行ったんだよね。

ちょうど2000万パワーズがヘルミッショネルズにやられてた時でさ。

で、どうなるんだ、モンゴルマーン!!と思ってページをめくったら、

なんか、















すでに死にかけのラーメンマンがアワワワ状態だった。

いや、モンゴルマンがラーメンマンだってことは分かってたんだけどさ。

モンゴルマンがマスクをはがされる、その一番大事な瞬間がなくてさ。


自分が1号飛ばしてることが分からなくて、

ものっすごいチンプンカンプンな状況にたたき込まれたんだよね。

どう考えても自分の記憶の前の号と、今読んでるジャンプが繋がらなくて。

でも、ジャンプは福岡で捨ててきてるしさ。

確かめようがないわけよ。


当時のジャンプはマガジン、サンデーに比べてコミックス化が遅くてさ。

半年後くらいに、やっと確かめられたんだけどさ。


いやー、なんか、本当、あのきつつねにつままれた感覚は未だに思い出せる。

ああいう不思議な混乱って、もう、しないじゃん。

なんていうか、当たり前の、極めてそんなにたいしたことじゃないことに対して、

本気ですっごいパニくっちゃうっていう感覚が、ね、懐かしいというかなんというか。



※※
[PR]
by hot_soul | 2009-07-02 09:35 | あてのない旅さ♪
さて、板野で降りて、吉野川の方へ・・・って、へ?

b0016043_324511.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ダイナム???

なんか、

微妙に、

なんつーか、

その、









小郡??




い、いや、なんでもないっす。

ついこの前、肉で18連ちゃん来たとか、そーゆーのフラッシュバックしてないっつーか、

えー、で、ここはどこ?

つか、はい、徳島でしたね。

小郡じゃありません。



なんつーか、その・・・・・日本、狭っ!!




※※




さて、朝早くつきました。

なんか、コンビニのおねいちゃん、おにいちゃんの阿波弁が懐かしい響きです。

まあ、ここは吉野川の北だから、微妙に違うんだけれども。

ほじゃけんど、阿波弁に近いっちゃー近いわけで。



で、どこ行こう。

そうねぇ・・・、こっからだったら吉野川大橋の方に行って、そっから市内かなぁ。


あ、そうだ、ついでに、何かあったら行ってた海岸もひと目見ておこうね。

じゃ、そっから行こう。

んー、このまま吉野川沿いに海岸まで出ればいーんだし楽勝、楽勝♪



そういや、吉野川を初めて見た時はびびったなぁ・・・。

っていうか、未だに、これ以上にでかい川って、揚子江くらいしか見た記憶ないし。

川幅だけはあっても、結構、水がしょぼしょぼだったりするじゃん。

でも、吉野川ってさー、すごいんだよね。

筑後川は今まで見た中では3番目かな。

筑紫次郎に吉野三郎とは言うだけど、スケールでは逆かなぁ・・・。




・・・って、アレ?

何?

ここ。

つか、吉野川沿いを降れば海岸に着くはずなのに。

ナビではすぐそこなのに。

つか、え?

ありえなくない?

なんで、こんなレンコン畑に迷い込んでるんだ?漏れ。

え?え?

なに?

自転車じゃなかったから?

なんで?

つか、全然、海岸に出られない。

出られないっつーか、あ、ここ

b0016043_333960.jpg



ジャストシステムだ・・・。

あー、うちの高校の前から移転したとは聞いてたけど、こんなところに来てたのかぁ・・・。

昔は高校の寮から見えるJUSTの光を励みに、俺も負けてられるか!と勉強に勤しんだんだよなぁ・・・。

ATOKは Advanced Technology Of Kana-kanji transfer の略じゃなく、

AWATOKUSIMA の略だ、なんて徳島ではささやかれてたっけねぇ・・・。



つか、海岸にたどり着けないのはなぜ?

とりあえず、十郎兵衛屋敷だ。

この辺にあるはず。

十郎兵衛屋敷に辿り着きさえすれば、なんとなく分かるはず・・・

つか、え?ここ、

十郎兵衛屋敷から100mくらいなの?

後は、交通標示にしたがって進んで下さいって、ちょ、ナビ、頼むよ、見捨てないでくれよ。

つか、なんか、ギャーッ!!行き止まり!!

つか、バックしづれー!!

つか、あれだ!!

この小さな運河を渡った、あの道に出ればいいんだ!!

あの道に出れば、あの道に出れば・・・

つか、本当、どうすんの、このバック。

急坂+急カーブを登り切った瞬間行き止まりとかどんだけ・・・




※※




あ、そうだ。

小松海岸だ。

名前、思い出した。

不思議。

ここに来ないと、絶対思い出さなかったんだろうな。

でも、この風景と、吉野川の匂いをかいだら、なんか、名前を思い出した。

そう、ここ、小松海岸だ。




ああ、そうだ。

桐野君だ。

キリリンが斉藤由貴のこと好きだったんだ。


中学校の遠足で小松海岸に行く時に、キリリンが斉藤由貴のこと熱弁しててさ。

砂の城、だっけ。

そうそう、砂の城の話をしてた。

アクシアのテープの話とかさ。

斉藤由貴のポニーテールのちろりん、としたところに手を入れたいって言ってた。

そうそう。

これ、元々、彼のネタだったんだよね。


で、僕はアイドルとか全然興味ないから、誰かに尋ねられるたびに、

斉藤由貴が好きで、彼女のポニーテールが好きで、あのちろりんとしたところに手を入れたい、

とキリリンのネタを言っておけば、それ以上話題を振られなくて楽だから、

そのネタを使うようになったんだよ。

思い出した。




※※

b0016043_3431512.jpg



※※




遠足の時、と、清家ちゃんと、吉田さんと、ハムと来たっけね、ココ。
[PR]
by hot_soul | 2009-06-30 03:44 | あてのない旅さ♪
サービスエリアでの仮眠もそこそこに。

なんか、こういう時って、微妙に寝付けないよね。

明日、きつくなるんだろうなぁ・・・。

と、思いながら広島を出立して、山陽道から岡山入り。



そういや、山口って抜けるの大変だよねぇ・・・。

昔、バイクで帰郷してた山口と北九州の先輩達が、静岡と山口は大変って言ってたの思い出すよ。

つか、本当、こんな記憶ってどこに隠れてるんだろうね。

たわいもない会話だったのに。

寮の部屋のどんな飲み会での話しだったかまで思い出しちゃってさ。

記憶って、本当に面白いよね。




※※




岡山から瀬戸大橋に入るために鷲羽山方面へ。

そうそう。

初めて徳島に行った時は、福岡からの直通便がなくて大阪経由で飛行機で入ったんだよね。

二度目は中学受験で宇高連絡船に乗ったっけ。

帰りにイソップのドラマやってたな。

船の中でうどん食べたっけ。

あの頃まで、山口の小郡とこの辺の小郡と区別がつかなくてさ。

なんで、小郡通ってるんだろ、とか思ってさ。

結局、親元から離れすぎてるから福岡の中学校には行かなかったけど。

行ってたら、堀エモンの同級生だったんだよなぁ・・・。

ということは修明とかおーた君は堀エモンの知り合いだったのかしらね。

と、遠い昔の友人のことなどを思い出しつつ。




鷲羽山に二度目に来たのは中学校の修学旅行だったな。

小学校の修学旅行が関西で、中学校が九州。

なんか、住み慣れた街に修学旅行もないだろう・・・、とか子供心に思ってた記憶。


この時もまだ瀬戸大橋がなくてさ。

宇高連絡船に乗ったんだよね。

で、夕食が終わって、フェリー乗り場に着くまでにみんな寝ちゃってさ。

で、フェリーに乗って、なんか、一日の内に二日目が来たって感覚で。

あれは不思議な感覚だったなぁ。

その後、夜景を見て、JRの寝台列車で九州入りしたんだよね。

寝台列車って一度乗ってみたかったけど、あんまりいいもんじゃないなー、ってあの時思ったっけ。


三度目が・・・、瀬戸大橋が出来て、家族でバスツアーだったねぇ・・・。

呂明賜が打ちまくってた頃で、バスの中で、呂のテレビを見てたっけね。


四度目が高校の遠足。

鷲羽山ハイランドで塩っちゃんとスタンディングのジェットコースターに乗りまくってさ。

貸し切りだったから、延々と乗れたんだよね。

まあ、あれで別に一回転するジェットコースターももう乗らなくていーかなー、って。

一日で20回以上乗ったもんなぁ。

一生分以上乗った記憶。




※※




ああ、瀬戸大橋だねぇ・・・。

そっか。

最後にここを通った乗って、松永達と、徳島でキャンプした時だ。


そうそう。

この与島のPAで、熊本工業 VS 松山商業の甲子園の決勝戦を見たんだ。

あの奇跡のバックホームってここで見た。


つかさー、あの徳島でのキャンプから帰ってきて、松永と部屋で寝てて、

で、ちゃあが会いたいって電話してきて、うぜーよ、みたいな話になって、

松永君が部屋に居るから冷たいんでしょ?って話になって、

そうなんだけど、後輩の前でスイートトークなんて出来るか!!って話で、

違ーよ、って話になって、で、最後、だったんだよな、ちゃあと。


そっか。

なんか、その前後のことよく思い出したことなかったから忘れてた。

つーか、本当、記憶って、ねぇ


あれから、もう、15年かぁ・・・。

早いっつーか、なんつーかさ。

倍生きちゃったんだなぁ・・・。


なーんか、与島で高校野球を見たことは昨日のことみたいなんだけど、

ちゃあと別れたことは、50年くらい前のことみたいに感じる。


こういう感覚って、本当に不思議だよなぁ・・・。




※※

b0016043_150238.jpg



※※




瀬戸大橋を渡って、四国に上陸すると、見慣れた香川のへんてこな山々の出現。

なんていうか、微妙に低くて、頭が平らなんだよね。


b0016043_2585417.jpg



多分、この道を1時間も走れば徳島。

なんか、不思議な感じ。

徳島ってこんなに近かったっけ??


多分さ、車で徳島入りしたのも大きいよね。

飛行機とかだと、なんていうか、隔絶した時間とか、空間があって、

その空白が埋めようのない広がりや、深みを持っちゃって、随分、遠い遠い場所のような感じになるんだけどさ、

こうやって地続きです、って分かると、なんか近く感じるよね。


なんかさ、時々、こうやって来なくちゃね。


しっかし、僕が居た頃は四国にはまだ高速がなかったのにねぇ。

高速どころか、コンビニが一軒もなかったね。

徳島を出る間際に、ローソンが一件出来て、大ニュースだったっけな。



大学1年の頃、徳島に残った奴らが免許とるのに、2キロだけの1区間だけ、

開通間もない徳島道で教習があった、とかそういう話だったのに。



高松から徳島に入る時は、高徳線か、車で屋島に寄って、って感じだったんだけどな。

そういや、数年前からの平家物語巡遊も屋島に寄れば完成なんだけど、

まあ、それはいつかみゆきさんと行くことにして、今回はパスしよう。



高徳線と言えば・・・。

まあ、いーや。



なんて考えてるうちに、気が付けば板野に。

早。

なんか、不思議な感じ。

すっごい遠い気がしてたのに。

思い立って、気が付けば、もう徳島かぁ。

距離なんて、さ、本当に気持ちの問題だよね。
[PR]
by hot_soul | 2009-06-30 01:50 | あてのない旅さ♪
iPhone、絶好調ですねぇ。



お気に入りのiアプリはの一つは、「i文庫」。

青空文庫からダウンロードした文章を、かっこ良く読めちゃう。

フォントが特に目に慣れた字体っぽくて素敵な雰囲気。



で、この前、魯迅の「故郷」を読んでたのさ。

なんか昔からこの冒頭の部分が好きでさ。

 寒風吹きすさぶ中、私は別れて二十年以上にもなる故郷へ、はるか二千里の道のりを帰っていった。
 外はもう真冬で、故郷に近づくにつれて空も暗く曇り、冷たい風がウーウーと唸りを上げながら船の中へ吹き込んでくる。苫の隙間から外を見る、そこに広がるのは黄土色の世界だ、遠くに近くにちらほらと、わびしい寒村がなんら活気なく横たわっている。私はこらえ切れず、心に寂寥の感がこみ上げてきた。
 嗚呼! これは私が二十年来片時も忘れることのなかった故郷ではないのか?
 私の故郷は、まったくこんなではなかった。私の故郷は、もっとずっと良かった。だが、その美しさを思い起こし、そのすばらしさを口に出そうとすると、逆にその影は薄れてしまい、一言も思いつかない。やはり、私の故郷はこのようなんだろうな。そこで私は、こんな風に自分を納得させた、もともと故郷はこのようなのだ、――進歩もなければ、私が感じる寂寥があるものでもない、そう思うのは、私の心情が変わっただけのことなのだ、なぜならこの度の帰郷は、もとより楽しいものではないのだから。


これと映画「ニューシネマパラダイス」の故郷に関する感じって、すっごいいいよね。




自分の思い入れと、その思いを無視するかのような現実の故郷の突き放した感じ。

突き放すというか、淡々とした感じというか。

そのギャップっていうか、対比っていうのかな、そこんところの表現が上手いっていうか。

でも、その突き放した感じの裏に、やっぱり、どこかに隠された何かがあってさ。

なんかね、そういうのって、感覚としてあって、すっごい共感できるんだよね。



で、あー、そういや、徳島にまたしばらく行ってないなぁ・・・。

あれ?そういや、家からあの道を行って、ああ行って、こう行って・・・。

あれ?

あの道から、この道ってどうやってつながってるんだっけ??

あれれ?

なんか、霧が掛かったように思い出せない・・・。





あ、そっか、最近、Googleとかあるし、ちょいと調べてみようかなぁ・・・。

なんて、Googleを見て、あー、そうそう、こういう道だった道だった。

とか、思ってたら、なんか、Googleマップじゃ物足りなくなってきて。




気が付いたら、金曜の夕方過ぎには、なんちゃんとナビを乗せてインプレッサでgo!でした。

あはは。

そういや、こういう突発的なロングドライブも久しぶりかも?

こっちに戻ってきてからは、鹿児島に行ったくらいか、な。

東京にいた頃はしょっちゅう、あっちやこっちに週末ミッドナイトロングドライブに行ってたのにね。

ま、毎日車に乗るようになったから、もう、ドライブとかいーやー、みたいな部分があるのかも。



では、徳島へ、GO!




※※




高校卒業してから、徳島に行くのって何回目だろ。

久美ちゃんの代わりに純と行って、

ちゃあと行って、

みやちゃんと友達と行って、

松永と行って、

で、最後が、茶屋町口の高速バス乗り場の前を通ってたら気が付いたらバスに乗り込んでた日、かな。

あれが98年だったから、もう、10年前だよ。

はやいなぁ・・・。



そういや、あの時、駅前のシティで槇原のカバーアルバム買ったんだよな。

秋の気配が気になって。

で、それが神戸に行った時のBGMになってたりするんだけど、そういうのどーでもいーよねw



卒業して10年で5回くらい行ってたのか。

で、次の10年が0回。

クスクス

次に行くのは20年後とかになるのかな。

ま、いっちょ行ってみますか~。




※※




で、当然、休日特別割引なんだけど、いつもの突発性旅行症候群だからさぁ、あんまり詳しくしらなくて、

とにかく、土日なら1000円、なんだよね。

確か、四国に渡る橋も1000円で渡れるとかで、前後の高速は合わせて1000円扱いだったような。

とりあえず、2000円+前後の一般有料道路代とかがいるんだっけ??

まあ、それはいーんだけど、DAIの記憶が確かなら、

平日いつ入っても、出口で土日にかかってれば1000円とか、だったよーな。

極端な話、月曜に高速入っても、降りる時土日に掛かってたら1000円と聞いたような・・・。

でも、確証がない・・・。


さっき、電話で確認とったら、それでオッケーだとか。

つまり、超遠出するときは、金曜の夕方から高速とか乗ってもオッケー♪



この時点で確証がなかったので、ちんたらと200号を通って北九州へ。

つか、山田さんちの前を通ってるのって、やっぱどう考えても200号なんだよなぁ・・・。

だって、200号をまっすぐ行ったら山田さんちの前を通るもん。

あれ200号ではないですよぅ、とか言ってたのに。ブツブツ

おかげでプチ混乱してたじゃないか、頭の中が。ブツブツ



黒崎手前からR3に入ります。

R3に入って、関門トンネルを抜けたらそこは・・・



R2だった。

いや、どうでもいーんですけどね。

で、関門地区は、前にみゆきさんとしっかり回ったから、今回はスルー。

そのうち、もう一度ゆっくり回りたいんだけどさ。



あー、もう、夜のロングドライブってなんでこんなにwktkすんだろ。

それだけで、すっごい楽しくなってしまう。

ただ運転してるだけなのにね。

なんか、こう、延々とどこまでもどこまでも行きたくなってさー。



本当は、みゆきさんちにいきなり現れるのもいっかなー、なんて思ってたんだけどさ、

さすがに遠すぎてさ。

東京? でも、東京に行ってもやることないし、マスターの店に寄っても酒も飲めないしさ。

浜松? 西国さんと連絡とってないしなぁ・・・。



奈良とか、名古屋で、後輩達に・・・、って、iPhoneにまだ連絡先移してないんよね。

親とみゆきさんしか連絡先入ってねーし。



まあ、徳島よ、徳島。

久しぶりに行ってみよーよ、徳島。

ってな、妙なハイテンション。

ちなみに、なんちゃんは助手席でグーグー寝て、車酔い防止を心がけているみたい。




※※




なんだかんだで、広島に入ったのが0時前くらいだったので、そっから高速に乗ることに。

で、広島東ICから乗って、最初のSAで一休み。

仮眠をとっておきましょう。

b0016043_2123034.jpg


いやさー、昔だったら2,3徹なんて平気だったけど、年取ったしさー、

真夏だし、一人だし、急に眠くなって昼間に仮眠をとろうとしても、なんちゃんがね。

こっちが寝てる間に、なんちゃんが熱中症で死ぬなのだったりしたら嫌じゃん。


本当は夜走った方が冷房もいらないし、燃費もいーんだろうけどさ。

でも、僕が寝てる間になんちゃんがグッタリなんて想像したら、ちょっとね。

というわけで、無理にでも仮眠をとっておくことに。



あ、そうそう。

この太宰府から、広島まで下道で行った時の燃費がリッター16.2キロ!!

カタログスペックで15キロの車が、下の道でカタログスペック越えってちょっと凄いかも。

会心の運転ですな。ニョホホホホ
[PR]
by hot_soul | 2009-06-28 14:15 | あてのない旅さ♪
b0016043_1843783.jpg



人生には、時々、なんという不覚っ!!

という出来事があるもので。












いやー、不覚も不覚もいいところ。


一年か、二年前にさー、静岡の広野海岸公園を紹介したことがあって、

うおー、海賊船ー

すげー、行きてー

こういう公園好きー

俺、公園フリークだからさー

なんて感じのこと言ってたんだけれどさ。























b0016043_1863724.jpg

















やられたよ。

まさかねぇ。

まさか、まさかでつよ。

まーさーかー、こんな近くにあるとは思わなんだ。

筑紫野市総合公園

海賊船あったよ。

公園フリークが聞いてあきれるわ。




場所は、イオンモール筑紫野から車で5分ほど。

イオンモールから31号の間の交差点、上古賀から137号にちょいと入って行ったところ。



まさかこんな近くに海賊船があるとは。

今度、杏ちゃんを連れて行ってあげよう。

これは絶対喜ぶぞ、っと。




そう言えば、その上古賀の交差点にあった、

大好きな大好きな大好きなまんが喫茶「fff」さんがまさかの店じまい。

b0016043_18122916.jpg



超ショック。

ちょっと、ショックで立ち直れない・・・。

ここのブログにも年末に尋ねて下さってたのに・・・。

時間があればなるべく行くようにしてたんだけどなぁ・・・。

いつも優しいマスターは、こっそりコーヒーをサービスしてくれたり・・・。

本当に良い店だったんだよなぁ・・・。

長い間、ありがとうございました。



これで、この辺にあったマンガ喫茶、高雄の交差点の自由空間を除いて全滅かぁ・・・。

夜須でしょ、今、パチンコ屋になったみゆきのところでしょ、筑紫の酒屋のところでしょ、

旧3号のイオンモールのそばの奴でしょ、それからもう少し行ったところでしょ、

で、3号の夢タウン手前の珈琲館があったところでしょ。

二日市の読む蔵は規模縮小してまだあるんだっけ・・・。

でも、あそこも、縮小前ほど蔵書ないし・・・。

そういや、朝倉街道の西鉄ストア内のマンガを置いてた喫茶店もなくなってるし・・・。

悲しい・・・。

小さな個人でやってるマンガ喫茶の方が、

おおっ!!これがあるのか!!率が高くて好きだったんだけどなぁ・・・。

悲しすぎる。
[PR]
by hot_soul | 2009-06-09 18:17 | あてのない旅さ♪
b0016043_1940289.jpg



花巡りをして来ました♪

まずは小郡のポピー祭り、ポピー100万本。

ポピーが見事に咲き誇ってました♪

ただ、ちょっと駐車場が足りない感じで、駐車場探しが大変。



その後、大刀洗のキリンビアファームへ。

こちらは桁違いの1000万本。

つか、多分、もっとあるんじゃないのかな?

まあ、1000万という数を目の当たりに出来る機会は少ないので必見というか。

でも、こっちはまだ3分咲きくらい。

今週末くらいが見頃だろうって警備員の人が言ってました。

キリンビアファームに行ったら、工場見学がお勧め。

僕はあんまりお酒を好んで飲まないからあれなんだけど、ジョッキ2杯くらい飲ませてくれますよ♪

ハンドルキーパー役はちょっと辛いけど。

そこは我慢我慢。



ついでに粕屋町のバラ祭りにも。

場所は駕与丁公園(かよいちょうこうえん)。

もう、まさに今が満開!

すごかったです。

10年くらい前に閉鎖されちゃった千里中央のオッペン化粧品のバラ園よりすごかったかも。


b0016043_1941531.jpg



今週末くらいまでは大丈夫ぽいので週末にお勧め。

バラはなんといっても香りがいいですよね。

バラ園に足を踏み入れたら、なんとも言えずに良い香りがして、

この香りをして気高く咲くと言わしめるのだなぁ、と、再確認。

ここは本当におすすめです♪


b0016043_19445222.jpg


これが一番好きな色かも。

やわらかい黄色って、気分が明るくなるから、本当に好き。
[PR]
by hot_soul | 2009-05-10 19:32 | あてのない旅さ♪
b0016043_20331026.jpg
OLYMPUS OM-10 OM ZUIKO AUTO-S 50mm F1.8 / DNP CENTURIA 400 / CanoScan 5000F


観世音寺で見かけた太宰府のレンタサイクル

西鉄太宰府駅で貸してくれますよ♪

太宰府を回る時はオススメです。

ただ、繁忙期には駅業務と兼務のために休業することがあるっていうのがちょっと心配。



あと、知られざる太宰府観光のツボは、西鉄を使って太宰府-二日市と移動するんじゃなくて、

吉木周りのバスで移動すること。

1時間に1本くらいしかないし、大回りして二日市へ移動するから

電車で4分くらいのところを、25分くらいかかっちゃうんだけどね。



でも、これに乗ると、宝満川沿いの阿志岐をゆーっくり見られるしね。

阿志岐って観光ルートから完全にはずれてるからスルーされがちなんだけど、

太宰府市と筑紫野市はもう少し観光関係で協力すればいいのにねぇ・・・。

万葉の人たちが奈良に帰る前に必ず宴会を開いたくらいの景観のいい場所。

最近、でかい道が通っちゃって、あーあって感じだけど、

それでも青鷺、白鷺、五位鷺なんかがわんさかいる季節はとーっても素敵place。

奈良の景色にすっごく似てたりするのも万葉人のハートをチュクチュクさせちゃったんだろうねぇ。

なんて思えたり。
[PR]
by hot_soul | 2009-02-19 20:33 | あてのない旅さ♪
b0016043_1911361.jpg



今日は、朝からたちばな町の梅がNHKの全国放送で流れていてビックリ♪

最近のテレビにはおどろかされるよね。



あー、どっか旅行に行きたーい。

今、行きたいのは韓国・慶州と、ぷよ(扶余)邑。

昨日、知ったんだけどさ、太宰府の姉妹都市ってぷよ(扶余)邑なんだって。

あと、友好都市が奈良市と多賀城市。

去年、はからずも二つとも行った場所。

じゃあ、あとはぷよ(扶余)邑ってことで。

あと、慶州はね、慶州で出た瓦とまーったく同じ瓦が大宰府にもあるんだって。

面白くて。



今の僕の古代史の知識なんて、

幼稚園児の粘土遊びのレベルだからなんでもないんだけど、

粘土遊びしてる頃って、無性に面白いよね。

いつか、上手に骨格をくみ上げて、肉付けが出来るといいんだけれど。

まあ、幼児期にどんだけ楽しめるかっていうのも大事だし。

もう少し、あっちこっちで妄想三昧。



そうそう、塩竈とか涌谷や百済王敬福辺りのある程度詳しい話を

日本の中の朝鮮文化 12巻 陸奥・出羽 金達寿著

の中でやっと発見。

全12巻の本の、そのいっちゃん後ろでさー、たどり着くまでにやたら時間がかかっちった。

これがこの辺りのことを書いてある中で、今まで読んだ中では一番まとまってた感じ。

文庫にもなってたみたいだけど、今は絶版なのかな?



この本はちょっとひがみっぽい感じで、

日本人が、日本から朝鮮にに文化を発したと思っている、のを正そう、

というような記述があったりするのだけれど、その辺の力の入り具合がちょっと・・・。

朝鮮から日本に文明が渡って来たのなんて、誰でも分かってると思うんだけど・・・。

と、思う部分がある以外は、結構、かゆいところに手が届いていて、読んでいて楽しい。

つか、日本の文明は朝鮮から来たし、ものすごーく密接なんだよなんて当たり前で受け入れないと

古代なんか覗いてられないよね。




んー、ますます感じる古代ロマン。

玉造、多賀城、鹿島、奈良、吉備、出雲、八女、筑紫、宗像、沖の島、釜山、ぷよ(扶余)、慶州、太王、チュモン、

そしてステップロードからローマへ。

あはん、たまらん。

発作がでました。

旅に病んでおります。
[PR]
by hot_soul | 2009-02-17 19:32 | あてのない旅さ♪