ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

カテゴリ:記憶の狭間( 19 )



莫文蔚 盛夏的果實



※※



高校時代の友人と自転車に乗っている

八万から上八万へ向かう、林の横の気持ちのいい道。

真夏の道。

横は田んぼ。

田んぼのあぜ道に、誰が買うのか分からない汚い自動販売機。

二人で自転車を止める。

ああ、そうだ、僕はここで友達と笑いながらバービカンを買うんだ。

クスクス



※※



真夏のテニスコート。

見あげれば、どこまでも抜けていくような青空。

友達が黒いラケットを持って立っている。

友達の手に握られているのはミズノのブラック・ジャック。

僕の手にはNewNumberOne。

クスクス



※※



小学校の帰り道。

新大久保へ抜ける戸山公園の階段。

初めて喋る彼女が以外に気さくで驚いている。

しばらく教育実習で地元に帰るんだとか。

年齢は25歳くらいですか?嘘、30なんですか!見えない!

永遠の25歳の始まりw

クスクス



※※



記憶というのは不思議。

本当に。


普段、まったく思い出さないこと。

25年近く、思い出しもしなかったことが、ふ、と現れる。



鮮明な映像とともに。




彼らは普段、一体、どこに隠れているんだろう?



よくわからない。

よくわからないし、わかる必要もないんだろうな。


ただ、現れた時に、その時の自分に戻ればいいだけ。




※※



何次元もの空間に無数の線が複雑に引かれている。


ある線は、ゆっくりと近づき、ゆっくりと離れていく。

ある線は、まっすぐやってきて、まっすぐ通りすぎていく。

ある線は、遠く遠く離れたところに引かれている。

ある線は、まっすぐやってきて、奇跡的にあるポイントでぶつかり、そして、とどまることなく通りすぎていく。

ある線は、穏やかによりそい続ける。



それぞれの線のありようが、なんだか面白く、ありがたい。

その空間に描かれる模様が、なんとも言えず楽しい。



それが今の人生観。




たくさんの線との交わりを感謝して。


本当にありがとうございます。



不惑の夜に。




などなどと。

夜の戯言でした♪
[PR]
by hot_soul | 2012-08-03 00:00 | 記憶の狭間
b0016043_1132649.jpg



夜中に、ふ、と目が覚めた。

今、何時?

時計代わりに、テレビをつける。


画面の中には、徳永英明さん。


ああ、そっか、今度VOCALIST4が出るんだっけ・・・。


きれいな歌声にひきつけられる。

早く寝なくちゃいけないのに・・・。

耳が離れない。






気がつくと、スーッと涙がこぼれていた。



この曲は、卑怯だよ・・・。

思わず、つぶやく。







この曲は、卑怯だよ・・・。







あれ?

なんだろ?

僕はこのフレーズを知っている・・・。







この曲は、卑怯だよ・・・。







いや、この風景を知っている。







この曲は、卑怯だよ・・・。







泣いている。

静かに静かに泣いている。

突然かかった曲に、彼女は静かに静かに泣いている。

僕は静かに静かに抱きしめている。

夜中の4時。



そう、僕はこの風景を知っている。

優しい曲に誘われて、会いたい人がやってくる。

あの日の声、あの日の匂い、あの日のぬくもり、そのままにやってくる。


もう二度と会えない誰かのために彼女は静かに静かに泣いていた。

どこにも行けない彼女は、僕の部屋で泣いていた。

僕は、そんな彼女を抱きしめていた。











ああ、そうか、あの時、彼女がそうだったように、

今、徳永さんの歌に導かれて、彼女が来ていたのか・・・。

寝ぼけていた頭が少し回り始める。



しまったな・・・、寝始めは、寝起きっていうのは・・・。

たがが緩んでるから・・・。

僕は今思い出してはいけないことを思い出している。





徳永さんの最後の選曲は「時代」。

この人は、本当に優しい・・・。


[PR]
by hot_soul | 2010-04-24 01:19 | 記憶の狭間
b0016043_21322776.jpg



そう言えば、紅の豚の話ってしないよね。

あー、あれね。

面白いのに。

あれさー、むかーし、ちゃあと見に行ってさー、ちゃあが初めてねだった誕生日プレゼントが「時には昔の話を」だったんだよ。

そう言えば言ってたね。あれでしょ、呪いってやつ。

そうそう。なーんかねー、観るとちゃあのことを思い出しそうで敬遠しちゃうんだよな。ビデオもちょうど紅の豚だけないし。

じゃあ、私と一緒に観ればいいじゃん。借りて帰ろうよ。面白いよ。

みゆきさんと一緒だったら平気かな。まあ、あれだ、毎年2月12日になると「時には昔の話を」って題で日記書くのも、ちゃあの誕生日だった・・・あ・・・

どした?

忘れてた。

何を?

2月12日のこと、忘れてた。

そう言えば、最近ブログの更新してないよね。

すげー。



いやー、やっぱ、みゆきさんはすごいなー。この呪いは一生解けないと思ってたのに。

ふふーん。

へー。忘れられるんだ。忘れる日が来るんだ。すげー。

ふふふーん。感謝しろよ。

おー、ありがとー。まじでサンキューだぜみゆきさん♪

じゃあ、紅の豚を借りに行こうぜ。

おー、レッツゴー♪

ゴー♪
[PR]
by hot_soul | 2010-03-05 21:41 | 記憶の狭間
b0016043_13562026.jpg



へぇ~、表参道のイルミネーションが11年ぶりに復活するんだぁ・・・。

っていうか、去年までやってたような気がするんだけどねぇ。


始まったのが91年の冬で終わったのが98年の冬。

あー、ちょうど僕の第一次東京時代と重なってたんだ。

そりゃ、よく行ったわけだわ。



最初に行ったのは、まだバブルの頃でさ。

渋谷から入って行くといいんだよね。

おじゃが教えてくれたデートコース。


たばこと塩の博物館前を通って、渋谷公会堂の方に抜けてさ。

公会堂のところのイタメシ屋とか、アイスクリーム食べて、

NHKの前を抜けて代々木公園の方に行ってさ。


そうすると、代々木体育館にドリカムのクリスマスツリーがあって、

そっから表参道に入って行くのさ。


表参道歩きながら、タグホイヤーの店とか三愛とか覗きながら青山の方に抜けて、

最後は青山学院大学のクリスマスツリーを見て、西麻布で食事でもしてって感じでね。

クスクス



完全にバブル時代のデートコースだねぇ・・・




なんてことを、浅い眠りの中でうつらうつらと浮かばせては消していたら、

あれ?今、いつだっけ??と、いつものあの不思議な感覚に襲われたり。


あれ?となりに居るのは・・・

なかむー? ちゃあ? ませちゃん? ちぃ?

誰? あなたは誰ですか?








ま、こんな切なさも目が覚めてしまうと、なんてことはないんだけどね。


しっかし、ちゃあがコート掛けに外套を掛けてくれたことなんて、記憶のどっから出てくるんだろう??

本当に、すっかり忘れていたのに、ねぇ・・・。

クスクス
[PR]
by hot_soul | 2009-12-01 14:15 | 記憶の狭間
b0016043_20204123.jpg




先日。

朝。

みゆきさんからの電話。

今日はフルーツパンチの発売日だぞ!


そう、12月1日はファンタフルーツパンチ復刻版の販売日

これは買わねば。



このフルーツパンチ、2002年にも復刻していて、当時の日記を読むと

5/24/2002 Fri 味
コンビニを覗いたら、ファンタのフルーツパンチがあった。
私が中一の時以来の復活?
途中、よく似たのはあったがフルーツパンチではなかった。

飲んだら、まさにフルーツパンチの味。
中学時代、部活に燃えていた時期の頃を、ふ、と、思い出した。
ついでに、北斗の拳も思い出したのはなぜなのか。

今度はメローイエローが飲みたくなった。
あと、初代のアンバサね。炭酸の頃の奴。
ホワイトコーラとか、ウイスパーとか。
でも、ドクターペッパーだけは勘弁。


こんな感じ。



で、アレ?と思ったのが、「途中、よく似たのはあったが」という記述。

アレ?この時飲んだのが「よく似た」のだと思ってた。

なんか、記憶が変わってる。

ということは、初代フルーツパンチと2002年のフルーツパンチの間に、

なんとかパンチっていうのがあったのか。

んー、駄目だ、全っ然思い出せない。

でも、この日記を読むと、この時点ではそのなんとかパンチのことを覚えてるんだよね。

ん?2002年にフルーツパンチの復刻っぽいなんとかパンチを飲んだんじゃなかったっけ?

あー、よく分からん。

なんか、完全に記憶が消えてる。

なんか、ちょっとやだな。苦笑



で、ググったら、1994年にスカッシュパンチっていうのが出てるね。

コレコレ、ほとんどフルーツパンチなんだけど、フルーツパンチじゃないやつ。


ということは、94年、02年、08年と、フルーツパンチを懐かしむのもこれで3度目か。

結構、懐かしんでるね。笑

でも、94年の記憶がないんだけど。

つか、02年に懐かしい、と飲んでる姿と94年のなんとかパンチを飲んでる姿が融合してる・・・。

こうやって、記憶ってすり替わって行くんだねぇ。



さて、初代フルーツパンチ。

84年に発売ってことで、350mlのダルマ瓶だったんだよね。

ガラスの。

これが無性に好きだったな。

初めて飲んだのは本屋の帰りで、

確か、ラーメンマンがネプチューンマンにやられたジャンプの発売日。

チェッカーズとか松田聖子がBGMで流れてる時代のこと。

この辺の記憶もすり替わってそうでちょっと怖い。

確か、中学時代にもちらっとあった気がすんだよね。

部活帰りに飲んでるもん、記憶の中では。



で、今日。

さぁ、懐かしい思いにひたるぞ、とあけたフルーツパンチ。

そうそうそうそう、この匂い。

久しぶりだけど、全然、懐かしくない。

昨日まで飲んでたみたい・・・。


と、その時、頭の中にふわっと浮かんだ情景は、84年のそれじゃなかった。


中目黒。

駅の裏に出来たセブンイレブン。

坂。

who・・・

汗にまみれて登る道。

ああ、コレ2002年だ・・・。




ちぃ



広州



マスター



西国さん




ああ、そっかぁ・・・。

あの頃の匂いかぁ・・・。

というところで記憶切れ。



クスクス

あの頃のことも、いつの間にやら、遠い記憶。

次に今日のことを思い出すのはいつのフルーツパンチになることやら。

フルーツパンチに記憶を封印。

The flavour of memories
[PR]
by hot_soul | 2008-12-03 20:36 | 記憶の狭間
b0016043_3573046.jpg


More
[PR]
by hot_soul | 2008-06-16 03:57 | 記憶の狭間
b0016043_161687.jpg


More
[PR]
by hot_soul | 2008-06-16 01:15 | 記憶の狭間
b0016043_22184029.jpg


More
[PR]
by hot_soul | 2008-06-06 22:28 | 記憶の狭間
b0016043_0285554.jpg


More
[PR]
by hot_soul | 2008-06-04 00:38 | 記憶の狭間
b0016043_17591396.jpg


More
[PR]
by hot_soul | 2008-05-29 18:10 | 記憶の狭間