ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

<   2008年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

b0016043_20112054.jpg





ナンちゃんが、ふ、と見上げる階段の上。

ポコーン パカーンとボールを打つ音。



ここは藤本索子選手の出身校。

アメリカ戦で尻餅を付きながら3点目を奪った子、

と言えばまだ記憶に新しい人もいるのかも。



東ヶ丘、緑ヶ丘、星ヶ丘、梅香苑、高雄、高雄台、飛鳥台・・・。

昔はきれいな名前がついてたのにね。

今じゃ、青山と高雄でくくられちゃった。

バス停には、きれいな名前が残っているけれど。

そういえば、東ヶ丘で美容院の人が同僚を殺害した事件なんかもあったっけ・・・。



1983年にね、人数が多すぎて小学校が割れたんだ。

新しい小学校ができてね。

あの頃は人数が多すぎて、グラウンドにプレハブの校舎があったね。

藤棚の下ではボールを囲んで遊び、グラウンドでは宝取り。

六虫も盛んだったね。

ソフトのチームがたくさんあった。

各地区に一つずつ。

今じゃ、学校に一つあるかどうかって言ってたっけ。

人数が減ったんだね。
[PR]
by hot_soul | 2008-08-31 20:18
b0016043_2159526.jpg




たった4年

もう4年

4年しか

4年も昔



うーん・・・

どれも違うな・・・



ま、とにもかくにも4周年。

だからどってこともないんだけれども。
[PR]
by hot_soul | 2008-08-28 22:13
b0016043_22132538.jpg




音楽を聴かなくなったなぁ。

と、イヤホンを耳に差し込みながら思った。

あれだけ音楽を聴いて、歌ってしていないと生きてられなかったのに。



テレビでサザンのコンサートをやっていた。

そういや、30周年記念で、しばらく活動休止するんだっけ?

またKUWATABANDとかするのかな。

恋は真夏のヒストリ~♪

ふふ、久美ちゃんが好きだったね。

カラオケに行くと、良く歌ってとねだられてたっけね。

久美ちゃんのリクエストはあと『壊れかけのRadio』だったけね・・・。

青春18切符で東海道をウロチョロしてたころ、よく久美ちゃんちの駅によってたね。

92年の夏だったかな。

DAIのぶら下げてた壊れかけのラジオで松井の4連続四球を聞いてた。

二人で海を眺めながら。



そういや一人カラオケもしなくなったなぁ。

よくやってたんだけどね。

ま、ありゃ東京時代、休む場所にちょうどよかったからやってた部分があったからな。

睡眠不足でふらふらで、2時間弱の休み時間、みたいなときにカラオケBoxに飛び込んで。

で、寝るはずなのに、ついつい曲入れちゃって2時間一人で歌いっぱで、よけい疲れてね。



カラオケで最後に歌うなら何がいい?って話もあったね。

DAI的には『希望の轍』とか『浪漫飛行』とかで締めたいなぁ・・・。

寮の奴らと行くと、必ず最後はZIGGYの『GLORIA』だったね。



そういや、マスターとはよく行ったな。

二人でとことん行ったね。

二人で行ってたカラオケ屋ももうないけどさ。



歌って面白いね。

歌ってた歌とか、ものすごく古く感じる時期が過ぎると、普通に新しく聞こえるの。

4年くらい前の曲ってすごく古く感じるのに10年以上経つと別に古く感じないっていうか。

新しさを取り戻すよね。

多分、新しくなるっていうのは、

その曲とともにあった記憶が完全に風化しちゃうってことなんだろうな。

その曲を聴いたり歌ったりしていたころのリアルな感触が柔らかくなっちゃう。

磨りガラス越し風景になっていくというか。

ああ、そんなこともあったかもね、っていう。



君が涙を流してる八月の長い夜~♪

なんか、この曲にもリアルな感覚があったんだけどな。

もう、遠い昔のこと。
[PR]
by hot_soul | 2008-08-27 22:20 | 夜の戯れ言
b0016043_2045525.jpg



電池が妊娠したり、あんしん保証パックの無料交換が有料に変わったり

いろいろと問題があったソフトバンクの811SH。

8月から10月までの間、あんしん保証パックに入ってる人は告知期間として、

無料で交換できるらしいよ。

でも、ショップでは無料、あとで返金といわれたのに、

サービスセンターはそのような話は聞いてません、とか言ってたけど。

告知されてない告知期間って、告知期間って言えるのかしらね?

まあいいや。



外装交換したら、新品になって戻ってきました。

我が811SH。

1月になって、2年経ったらi phone にしようと思ってたんだけどね。

こんだけ新品だと、もちょっといくかーって気になるよね。



で、じゃ、せっかくだから、今まで使ってなかった機能も見てみようかな、と。

ワンセグ以外はほぼ全部入りって感じなんよね。

昔に比べたら、光学3倍ズームとかそういうのがなくなったけど。

でも、一応200万画素機だしね。

写りは悪いけど、メモとかビジュアルブックマークには十二分。

あと、あんしん保証パックの無料電池パックも貰ったから、とりあえず、

常に予備の電池パックを持ち歩けるから、昔よりは電池のことを気にしなくて良いし。

なにより、車内で充電できる環境も整えてるし。


で、まあ、色々とやってみたんだけど、

そうそう、最近、ウォークマンの2Gなんて使い切っちゃってね。

もう、新しい曲が入れられないんだよね。

新しいの何か買おうかな?と思ってたんだけど、

よくよく考えたら、携帯にミュージックプレーヤーついてるし。

microSDの2Gなんて、最近、下手したら999円だし。

ちょっと使ってみますかね。



というわけで、WMPとitunesを用意。

両方無料だからいいね。

SDはAAC対応の奴ね。

パナソニックのSDJUKEBoxだと一発なんだけど有料だし、

SonicStage、BeatJam、WMP、itunes etcと

これ以上、playerをパソコンに入れるのもなんだかなぁ、なので、ここは

WMPでMP3にして、それをitunesに取り込んだ後右クリックでAACに変換。

そうすると、普通にmicroSDに入れて、携帯で聞けるようになる、と。

いままで面倒くさくてやってなかったけど、案外簡単なのね。



で、せっかくだから、Bluetoothヘッドセットでも買って、と思ったら、

811SHは、まだ音楽ファイルはBluetoothヘッドセットで聞けないのね。

通話はできるけど。

この2代後くらいから大丈夫みたい。

ショック。

ちぇー、有線かぁ、と思いつつ、ヘッドフォンと別売りで買えるマイクをつけて、

聞いてみたら案外いけるのでビックリ。



ま、そんなこんなで、811SHはもう少し使い込むことになりそうdeath。
[PR]
by hot_soul | 2008-08-26 20:45 | 夜の戯れ言
b0016043_22323356.jpg




みゆきさんとコスタリカに行って来ました♪




















嘘です。
[PR]
by hot_soul | 2008-08-25 22:46 | く、くだらない・・・
b0016043_22144865.jpg




さて、トルネコのトルネコによるトルネコのためのドラクエ4を制したDAI。

エンディングが始まって、ちょっと、あれ?って感じ。

あれ?DAIの記憶と違う・・・。



                             ※



DAIのドラクエ4のエンディングは導かれた者立ちが一人ずつ、

自分の帰るべき街や村に帰っていって、

最後、主人公が夜の山奥の村にたどり着く。

そこで、シンシアが眠っていた場所に、一瞬、シンシアが現れて消える。

そんな悲劇チックなエンディングの記憶だった。

おそらく、ゲーム途中のよろいを守るがいこつのエピソードとまじってしまったのだろう。


                            
                               ※



で、微妙にデスピサロに感情移入しずらかったのは、この間違った記憶のせいだった。

ドラクエでは主人公はしゃべらない。

だから、個人個人、自由に主人公になりきって役を演じれるわけだ。

でも、このドラクエ4で、DAIは主人公をそのまま無口で寡黙なキャラとして設定している。

彼は、無口で寡黙な超越者なのだ。



え?彼は超越者なの?と思うかも知れないけれど、よくよく考えるとかなりすごい。

幼い頃より魔族を滅ぼす勇者として育てられ、英才教育。

魔族を率いるピサロも勇者の力を恐れ、子供のうちに殺そうと多くの子供を誘拐・殺害し

サントハイムでは大量虐殺、キングレオでは残虐な人体実験を行っている。

そして、必死に勇者の村に入り込み、勇者の幼なじみを含む村人全員を虐殺。

とにかく、もう、人類を滅ぼすために最も邪魔な勇者を殺すためにピサロ必死。

あげくの果てにはエスタークまで使って倒そうとし、それもかなわないとなると、

なりふり構わず自ら進化の秘法を使い怪物へと姿を変える。

もう、本当、ピサロ必死だなwwwwwwwの世界。



ところが、対する勇者はなんともつかみ所がない。

無口故に。

シンシアをピサロに殺されてもあんまりショックを受けてる風もない。

親父とおぼしききこりにツンデレされても、はしゃぐ親父に無頓着な息子。

旅の仲間達が大騒ぎをする一方で、寡黙に何百何十万もの怪物を殺害し、

ひたすらに己の力を高めることに邁進。


なんというか、僕の中でドラクエ4の主人公象は、黙々と投げ続ける野茂英雄みたいな感じ。

対するピサロはなんだろうな、シャアじゃなくてジェリドっていうか、姫川亜弓っていうか。

天才と思われている努力家、みたいな。



で、ピサロはものすごーく勇者を意識をしてるわけだけれど、

勇者の方はさほどピサロを意識してないっていうか。


同じような境遇だから、最後はサシで決着をつけようぜ、とか、

そういう感傷も一切なし。

たんに倒すべき敵の一人として、もくもくと仲間達とともにデスピサロを倒す。

なんかね、デスピサロがいかに色々考えようと、

そーゆーのを遙かに超越したものとして淡々と、全てのことをどーでもいー風に行う。

そんな勇者像。



そんな勇者が、最後の最後に、みんなが帰るべき場所に帰っていって、

一人だけ、誰もいない村に戻って、夜に、ふ、とシンシアの幻を見る。


物語をかけてずーっとこの勇者が何を考えているのかよー分からんなー、と、思ってたら、

実は物語の最初にシンシアが語っていた、シンシアが望んでいた平穏な時間だけを望んでいた。

そんな落ち。


そう、僕は彼のことを実は最初からしっていたのに、忘れていた、

そんな物語だったんだよね、DAIの中でドラクエ4は。


なんかね、最後、シンシアの幻を抱きしめて、それが消えて、

ハラハラと勇者が泣きくずれるような、そんなストーリー。


そんな感じなのが、DAIの中のドラクエ4のイメージつーか。

なんか、悲しい物語だから、長い間やり直さなかったつーか。



だもんで、なーんかデスpって、脇役だよなぁ、って感じだったんだけど。

なんか、違った。

記憶が間違ってた。

最後、シンシアは生き返るわ、昼間だわ、花は咲くわ、仲間はくるわ…。

めっちゃハッピーエンドやん。



これは、ちょっと分かるかも。

デスpの人気も。

勝ったものだけが総取りっていうのは、さすがにちょっとね。

まあ、非道いことやってるんだけど、それもピサロの偽物かも知らんしね。



これで主人公にもシンシアが戻らないんだったら味わいも深かったろうにねぇ。

と、ちょっとDAIの妄想エンディングに未練があったりもしたのでした。
[PR]
by hot_soul | 2008-08-22 22:47 | ゲームのお時間ざんす
b0016043_12212711.jpg




あ、やべっ、話しかけちゃった。

というわけで、デスピサロとの最終決戦に突入。



ま、一回くらい倒しておくかね。



えーっとバロンの角笛、バロンの角笛…。

あ、やばっ。

主人公が持ってる。忘れて来ちゃった。



てなわけで、パーティはアリーナ・トルネコ・クリフト・マーニャ。

ま、どうにかなるっしょ。

と思ってたけど、ちょっと甘かった。

あれ?デスpってこんなに強かったっけ?

つか、エスタークから進化したのがデスピーなのか…。

なんかエスターク最強ってイメージがあったんだけどな。



まあ、アリーナが賢者の石をもってるし、トルネコは力の盾と奇跡の剣。

マーニャも祝福の杖あるし、クリフトにも奇跡の剣…、どうにか耐えてますな。

ちなみに奇跡の剣は3本。

一本、トルネコがヘルバトラーから盗んでました。

そういや、5でちっとも仲間にならんのよね、コイツ。

ちね!ヘルバトラーちんじまえ!



おーっと、体力が減ってる。

へい!!クリフトカモーン!!

って、コイツ、ザラキしか唱えねーしorz

多分、コイツ、死んでもザラキを唱え続けるんだろうな。

バッファローマンにやられても立ち続けたウォーズマンのように。

分かった、もういいんだ、もういいんだよクリフト…。


ザラキはもういいんだ、クリフト。



うお、炎の息って強烈じゃなーい。

つか、輝く息も効くじゃなーい。

おおう。

マーニャ死んじゃった。

おおう。

クリフトのMPも無駄にザラキばっか唱えたせいで残り6。

頼みはアリーナの会心連撃。

しかし、みんなのHPも残り60くらい。

これが最後の輝く息かな。

って、おおう、ここでいてつく波動。

1ターン生き延びたー。

って、でも、もうこっからどうしようもねーし。



はい、来た。

トルネコ。

トルネコこけた。

そして、武器がばらまかれたー。

武器がデスpに当たったー。

か い し ん の い ち げ き !

トルネコの最後っ屁ですね。

分かります。
















って、うおおおおい!!!

この一撃で、デスpがこわれていったー。



大 逆 転 勝 利 ! !



できすぎ。ゲラ

ちょwwwwwwwトルネコまじ自重wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


b0016043_1338650.jpg
こんな感じ

デスピサロ…、一手…、遅かったな…。(トルネコ談)

↑ちょwwwwwwwなにこの脳内トルネコ

渋すぎ(笑

みゆきさんとの電話中の出来事。

めっちゃ一人テンション上がってまんた。笑
[PR]
by hot_soul | 2008-08-21 12:32 | ゲームのお時間ざんす
b0016043_2331787.jpg




ドラクエ4。

ヤヴァイ。

常にみゆきさんに半歩遅れている。

これでは面目が…。



というのが前回までの話でしたが、あわてることはありません。

こちらはFC版初期ロット。

貫禄の聖水投げではぐれ狩り。

バルザックを倒す前にLv40近く行って、みゆきさんの進行待ち。




今回は頑張って色々やってみた。

DAIは性格的に、どーしても無駄を省いてしまうのだけれど、

今回は無駄だと思ってたことをやってみた。






それは…。






トルネコのレギュラー化。

DS版だと、仲間に話しかけると色々面白い会話がでるらしいのだけれど、

FC版のトルネコは素で面白い。

っていうか、彼は結構盗むね。

















ピ ン ク の レ オ タ ー ド を。


ちょwwwwwwwwwトルネコ自重wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww





しかも、色んな技をかけてくれるね。

だじゃれ言ったりさ。

で、トルネコのだじゃれで

モシャスでミネアになったマネマネが笑い転げているところを、


















アリーナが炎の爪で引き裂いたりな。


ちょwwwwwwwアリーナ自重wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


笑い転げながら、はらわたを引き裂かれるミネア…。

想像すると…なんかシュールな絵よね。






つか、あれだね。

いままで小さなコインをためにためてメタルスライムヘルム貰ってた漏れ、馬鹿みたい。

ドラクエ4って、呪文系がまったく使えないなー、と思ってたら、

呪文系全員に幸せの帽子を装着させたら、ガンガン行けて、すげー楽しい。

ドラクエ4で初めてイオナズンを見た。

見ちゃったよ、と。



で、どーやらDS版ではロザpーを生き返らせて、デスpサロが仲間になるらしいんだけど、

ロザpより先に生き返らせる奴がいるだろっ!!

つかロザpなんて正直どうでもよくて、シンシアだろ、先に生き返らせるべきは。

と、思ったんだけど、その辺はDS版をやってるみゆきさんの待て!!続報!!
[PR]
by hot_soul | 2008-08-20 00:19 | ゲームのお時間ざんす
b0016043_19463766.jpg




亀の井ホテルを過ぎて、さらに道を下る。

歩道があまり整備されていないところもあるので、一本くらい裏道を通るのも手だ。

途中、最近できたであろう電気屋の量販店がある。

栄えているのだか、いないのだかよく分からない。



やがて流川通りから入っていく商店街の入り口が見えてくる。

商店街は二本あって、海側の一本から小さな歓楽街をちょろっと抜けると、

別府を代表する温泉、竹瓦温泉に出る。

この商店街から竹瓦温泉にでる歓楽街の裏道が楽しい。

朝も昼もどくとくの味わいがある。



商店街には福助堂という竹細工の店があったりして、これまた非常に楽しい。

立教大の学部卒業生のインド人が作っているカレー屋なんかも楽しい。

この古く、新しく、そして猥雑で、少し寂れた空気がなんとも言えない味わいだ。

不思議な不思議な空間。



竹瓦温泉から見える大きな道は国道10号。

北九州から九州の東側を抜ける大動脈で片道3車線。

昔はもう少し細かった気がする。

これを大分の方へ行けば、この道沿いに水族館や高崎山に出る。



10号を渡ったところは、かつて、関西汽船の船着き場だったそうだ。

今はもう少しだけ北側に移動している。

その場所に、最近、巨大モールが出来た。

ものすごーく大きなyumeタウン。

この風景が、なんだかちょっと不思議。



yumeタウンからちょっと行ったところには、昔ながらのトキハ。

そして、流川通りの逆サイドには8月いっぱいでしまってしまう楽天地。

その途中には、現代に奇跡的に存在する個人商店たち…。



この風景をどう解釈するか…。

巨大資本に押され、消えゆく個人商店なのか、

それとも今の時代に不自然に存在する個人商店なのか…。



こんな世の中で個人商店が成り立つなんて、よほど密接な地元との関係があるのだろう。

しかし、密接すぎる関係は時として不健全でもある。

そんな不自然な関係がつい最近佐伯で暴露されたばかりだ。



一方で、巨大資本がブルドーザーで地均しをしていくかのように

個人商店を駆逐していく様もまた不健全であることは間違いない。



「コントラストの強い風景が同時に成立しているにもかかわらず自然な風景」の奇妙さ。

そんなちょっと不思議な感想が流川通りには、ある。
[PR]
by hot_soul | 2008-08-18 19:58 | あてのない旅さ♪
b0016043_13385836.jpg





別府の街は山と海に挟まれた2キロくらいの幅が横に広がっている街で、

その辺は神戸に非常に似ている。

戦略的な意味のある土地でもなく、歴史はそんなにない。

その辺も神戸に似ている。



流川通りの山側の突き当たりには楽天地がある。

楽天地から下っていくと、途中、小さな公衆浴場道の脇に備わっている。

公衆浴場は一ヶ月1000円ほどで、他に洗髪料500円払うと、髪も洗うことができる。

立ち寄りの人は、番台に100円玉を入れると入ることが出来る。

風呂屋の値段が450円、ちょっとしたスパなら3000円とられるこんな時代に、

一ヶ月1000円の定期券を買うだけで入り放題。



そこからもう少し通りに沿って下っていくと、ちょうど海との真ん中当たりに別府駅がある。

流川通りから別府駅への高架下には別府市場という昔ながらの市場が広がっており、

肉屋や魚屋、八百屋が昔の姿そのままに栄えている。

ああ、市場ってこんな感じなんだなぁ、と、不思議な気持ちになる。

この市場に限らず、流川通り沿いには、未だに個人商店が残っている。

栄えているのではなく、残っている、そう言うのが正しいだろう。



高架を超えると金色の大きな天女に出会う。

泉都葬祭場という葬祭場で、ここはずいぶんとはやっているようだ。

泉都葬祭場に隣接する大きな駐車場は、亀の井ホテルの駐車場で、

しかし、葬式が込むときは共用させて貰っているそうだ。

そんなやんわりとした共生関係がなんとなく好ましく感じる。



その前の大きなホテルが亀の井ホテルで、

かつて、大分に存在した亀の井グループの象徴だった。

亀の井グループといえば、初代・油屋熊八翁の名前がでる。

彼は日本初の観光バスを走らせ、別府を日本初の『観光地』としたり、

現在に残る温泉マークを発案したり、

日本の観光史のその出発点に存在する人で、

その末に西武・グループの堤氏や、

千と千尋の油屋やゆばぁばが連なっていると考えると、ちょっと面白い。

その亀の井グループも系列のバス外車は西鉄に吸収され、

グループの象徴であったホテルはジョイフルグループに吸収された。

その後、ジョイフルグループから離れ、ジョイフルの創始者がホテルを単独で経営している。

過度に装飾があるわけでもなく、かといってビジネスライクなホテルでもなく、

こざっぱりして、非常に使いやすいホテルだ。
[PR]
by hot_soul | 2008-08-16 13:49 | あてのない旅さ♪