ブログトップ

西の都の物語

hotsoul.exblog.jp

冬が始まるよ♪

<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

真・三國無双6 Empires 始めました♪


ちなみに、無双のナンバリングの数字は全角だと

昨日か一昨日か、コエテクさんがツイッターで呟いてましたね。


これからなるべく準拠させていきましょう。




さて。

内政があんまり好きじゃないのでEmpiresは食わず嫌いしてましたが

(戦国無双3 Empires は流しプレイ程度にはやってますが)

今回、エディットがすんごい充実してるので参戦です。




最近は、日本のサードからあんまりゲームが出てなくて、洋ゲーが元気一杯ですが、

あんまり洋ゲーに手を出せないのがモデリングの違和感というか。


FFとかモンハンとか無双系のモデリングっていいよねぇ。

なんなんだろうね?この差は。




んで、最初は流れを掴むために、かる~く天国で一回り。

今回の本命本気プレイは董厥で姜維を補佐なので、それまでに慣れていきましょう。


というわけで、最初は黄巾の乱シナリオで、黄蓋プレイ

基本、三国志系のゲームをやるときは、堅パパが生きている黄巾の乱シナリオしかやりませんw



んで、ほうほう、なるほど、投石拠点に幻影兵置いたり、

拠点制圧が進んだところで大出陣食らわしたり、

敵を大量に引き寄せて、閉じ込めて、火矢斉射したり、そういうのやっていくのかぁ、

と、思いつつ、天国なのであっという間に天下に手が届くところまで来ました。



んで、その後、残り少ない領地を侵攻する度に立ちはだかったのが、

今回、・無双武将化でハッスル中の徐元直さん。


b0016043_152032.jpg






※※





徐庶、かぁ…

懐かしいな…



その時、DAIの胸には20年前のある思い出が去来していたという…



徐庶よ…、再び俺の前に立ちはだかるのか…








☆☆




DAIは、実は結構古くからの三国志のプレイヤーで、

(1、3、5、7をやってました。無双が出た後は無双ばっかです。

今度出る三国志12はちょっと興味あるかも)

周りがFCでロードランナーやってた頃に、パソコンで初代・三国志やってたりしました。


なんか、パソコンでゲームをやるグループがあって、学校帰りにみんなでやってたんですね。


もちろん、時間は限られているので統一なんか出来ないんですが、

まあ、みんなでワイワイやるのが楽しくて、よくやってたんですよね。



その時に、割り当てられた役目が「呉」だったから、呉を調べてるうちに呉スキーになり

堅パパ大好きになり、策、周喩、太史慈の三種の神器信仰に至ったという過去があったりします。


呉スキーにとって、初代・三国志のシギーのかっこ良さは異常w


KOEI三国志 武将能力値比較 サイト






で、まあそんなこんなで、SFCの三国志Ⅲあたりは腐るほどやりました。

Ⅲ程度の内政ならついていけたんですねw


もちろん、シナリオは黄巾の乱しかやってませんけど。



つか、無双2まで呉しかやらなかったし、3も呉だけだし、4は他勢力はなめる程度だし、5もそう。

他勢力もしっかりやりこんだのって、6が初めてだw

本当、いつの間にか、呉が全てw


まあ、25年かけて、やっと心が少しずつ他勢力に馴染んできたんでしょう。

と、自分の成長に感心している今日この頃。





そうそう。

SFC三国志Ⅲのお話です。



その時も、もちろん黄巾の乱で始めてました。

こんな呉スキーのオイラなのでプレイ目標はもちろん、堅パパ、策、周喩が生きてるうちに天下統一。


あ、ちなみに太史慈は厳白虎が速攻潰れて、代わりに太守になっちゃうので、

面倒臭いから2Pで始めて、速攻、孫家に降参して太史慈吸収がデフォ。




で、記憶が薄いんですが、パパの寿命までに天下統一はなんだかんだで厳しくて、

策、周喩存命中に統一に燃えるのがいつものパターンだったと思います。




んで、ある日のプレイ中、董卓曹操孫呉の三国志から、

董卓軍を吸収した曹魏孫呉との熾烈な全面戦争を経て、

どうにか曹操を遼東半島の根本まで追い詰めたわけです。


この最終決戦に勝てば、念願の中華統一というところまでいったわけですね。





そして、最終決戦に勝ちました。

残るはエンディング。




直後。


戦い明けたターンで、短く、周瑜の絶命が告げられました。


そう。

周瑜は、孫呉の天下統一のために、命尽きるまで戦ってくれたのです。



心を燃やすは帝王の軍略 心を包むは孫家三代
天は一個の武心に これほど裕福な天命を与えたことがあったか




おおおおおおおおおお!!!!!!周瑜うぅぁあああああああああああ!!!!


泣きました。

ゲームで泣くなんてめったにないのですが、この時は泣きました。




あ、ちなみにDAIの脳内周瑜は、演義ベースじゃなくてトニー・レオンさんです。

長年、DAIが思い描いていた周瑜がまんま脳内から飛び出してきたような夢のような周瑜でした♪

もう、これ以上の周瑜は個人的には絶対ないと言い切れるくらいのBEST周瑜。

無双のエルフは少し自重して下さいw

b0016043_16371078.jpg

今度の日曜 11月18日 夜8時58分からレックリ特別版だよ♪







って、あれ?

エンディングが始まらない。


と、思ったら。




曹操を打ち滅ぼし、周瑜が息絶えた感動の瞬間に、

画面左下、遼東半島の根本から対角線上の一番遠い巴蜀で、

謀反を起こしやがった馬鹿がいやがりましたじゃねーですか。



それが徐庶元直



これが、20年以上経った今でも忘れることが出来ない、

DAI的ゲーム史に強烈に名を残した「徐庶の変」。




徐庶のような有能な士を巴蜀で閑職につけていたら、謀反の一つでも起こしましょう。

と、天国の周瑜が微笑みながら言ったとか言わなかったとか。





☆☆





というわけで。

エンパの終盤、徐庶が出てくる度に、

嬉々として徐庶をボコボコにタコ殴りにする黄蓋将軍、まじカッコヨス。



アッハッハー。

あの時のことを忘れて、よくもいけしゃーしゃーと孫呉の前に顔を見せられたのぅ、徐庶。

  ↑ 完全に言いがかり



そんな、長年の恨みつらみも晴らせる真・三國無双6 Empires、大好きです♪





☆☆





ところで。

こんなDAIですので、かつて、ある作品を待望していました。

いや、実は、今でも待望しています。



堅パパを生き残らせ、策を生き残らせ、太史慈を生き残らせ、周瑜を生き残らせ、呂蒙を生き残らせ

全員、生存ルートを完備した、英傑伝シリーズ 周瑜伝を!!!


まあ、もう出ないのは分かってるんですけどね。



英傑伝、孔明伝、曹操伝と出た時は、次は周瑜伝だ、周喩伝だ、とメチャクチャときめいたなぁ…。

武神の生存シルエットを眺めては、次はパパの生存シルエットだ♪♪と一人ときめいて…。




無双にはまったのは結局この流れ。

周瑜伝が出なかった代わりに、無双でパパも策もシギーも生存ルートを作れたっていうね。

それがとにかく嬉しかった。


2とか3とか、本当にまじで嬉しかったなぁ…。



わかるまい。

孔明伝や曹操伝で遊んでいる他勢力の三国志ファンに、無双に対する孫呉スキーの愛情が!



だからね、誰がなんと言おうと、呉スキーにとって無双は神作品なのでした。


いいのよ、いいのよ、猛将伝でどんだけ孫呉の将軍位が恵まれてなくても、キャラ立ててくれただけで満足なのよ。




などなどと。

ゲームの戯言でした♪
[PR]
by hot_soul | 2012-11-12 18:31 | ゲームのお時間ざんす
というわけで、みゆきさん(彼女)も無事、真・三國無双6(無印)のプラチナをとったので、

猛将伝に移行して来ました。


今は、二人仲良く(?)みゆきさんの修羅武器を回収しております。

あ、僕は猛将伝のプラチナもいつの間にかとってましたw




そうそう、延期が発売されていた真・三國無双7も、もうちょっとで発売…


って、えええええええ!


なに?7???Empiresじゃなくて?7なの???



真・三國無双6 Empires 発売まであとちょっとだというのに、

真・三國無双7の発売発表とか!!!



えーっと、12月にOROCHI2Hyperと真・北斗無双来るのに…

どうしよう。

無双以外のゲームが出来ないw




Empiresでは徐庶が、7では楽進と李典が参戦だとか。

ついに魏の五将軍揃い踏みで、水瀬さんも大喜び♪ してることでしょう。

※水瀬さんは古い三国志友達です 魏の五将軍好き


・・・ん?五将軍って李典じゃなくて于き・・・いや、まあ、いいや。



魏の4分の3、全三国志の3割を占める(当社調べ)荀彧成分の親玉、

潁川の筆頭名族荀氏の頂点、荀彧の登場は7の猛将伝でしょうかね?

その辺も楽しみですね♪


曹操、司馬懿、鍾繇…

なんといっても、三国志ってある意味荀ちゃんで始まって荀ちゃんで終わる物語

と言ってもいいくらいの存在ですもんね♪



三国志という物語は、ある意味、知れば知るほど荀彧文若の凄さを知る物語ですもんね。

描いた国家のスケールの大きさでは曹操も、孔明も、司馬懿も、周瑜も、劉備も誰も敵わない。

裏パラで政治力150くらいにしてもいいんじゃね?っていうくらいの存在というか…。


10年くらい前、にひさんに潁川閥の話を聞いた頃は理解できてなかったけれど、

その線で調べれば調べるほど、すごすぎだろ荀彧、と溜息しかでないという。




ところで、俺の、俺だけの董厥はまだですか?





※※





さて。

真・三國無双6 猛将伝のお話。



そうそう。

みゆきさんが猛将伝を始めたので、二人で武器取りです。



で、分かったのですが、みゆきさん、ヴァリアブル攻撃やコンボをあまり活用していないっぽい

ぽいというか、活用してない。




とりあえず、究極の武器取りを見据えて、呂布の強化をしてもらってるのですが、


刀→ヴァリアブル攻撃→方天戟(ラッシュ状態)→C6


という、真・三國無双6を代表する万能コンボも知らなかったみたい。

一応、無印のプラチナまでとっているというのに。



みゆきさんの名誉のために言っておくと、彼女、ゲームはそれなりに上手いです。

双子の弟が居てよくやってたみたいなので。

こういうのも教えてあげるとすぐに馴染んで出来るようになります。

でも、自分からはこういうコンボみたいなのを探しだそうという行為は積極的にやりません。







こういうのを見る度に、あー、もったいないぁ、と思っちゃう。


この真・三國無双6&猛将伝って、武器の選択が自由な上に、第1武器、第2武器と付けられて、

それぞれに印が4~5好きに付けられる上に、各武器のヴァリアブル攻撃に特徴があって、

それぞれの武将にEX武器と攻撃があって、乱舞1乱舞2があり、

それぞれの特技、将軍位が全く違って、

ほぼ無限にセッティングが出来て、武器の属性があって、

自分だけのオンリーワン武将が作れるのが醍醐味だと思うんですよね。





武器の共有をコンパチという人も居たりするけど、

そういう意見を聞く度に、へ?って感じでちょっと違和感。


武器が自由に共有できるからこそ、コンパチじゃなくなったと思うんだけど…。

例えば、同じ刀使いでも、司馬昭と曹操じゃ全く違うでしょ?



司馬昭特技で二刀属性を持ってる上に、体力吸収がEX武器onlyという特徴がある。

刀は外せない要素。

じゃあ、二刀属性三枚付けで攻めるかとセッティングを組み始める。

属性で攻めるとなると、属性強化二枚付、刀はラケットの雷を基本にするとして、

じゃあ、第2武器は二刀属性の特徴を最大に引き出す断月刃・鬼哭潰断にしてみようか、となる。

※個人的な感想ですが、属性中心で戦うなら断月刃が強武器だと思います。
特に雷と組み合わせたC5追撃が鬼も哭くレベル



曹操は?と言えば、C1EXで相手を凍らせるというところに最大の特徴があって、

相手が凍るということは相手が空中に浮かないということで、ダメージの倍増を見込める。

ここを起点に組み立てたい。

ビジュアル的にも倚天聖剣は外し難い。

凍らせてからの削りを狙うので、ここは属性よりも物理ダメージ重視。

つまり究極武芸が狙い目。

倚天聖剣の属性は炎。

第2武器は炎属性の重武器。

攻撃力が高いものからチョイスして究極武芸で攻撃力の底上げを狙いたい。

業火連砲あたりはどうだろう?

んじゃ、倚天聖剣と業火連砲の特徴を引き出すコンボを作ってみようか?となる。


結論
倚天聖剣→C1EX→相手を凍らせる→ヴァリアブル攻撃→業火連砲→C6→乱舞で締める

↑ 最高難易度の究極でも敵を溶かすし結構オススメというか曹操も普通にSランクだろJKとなっちゃう





いや、乱舞ブッパが通るからコンボ組み立てる必要はあまりうわなにをするやめくぁwせdrftgyふじこlp

割とまじめに究極くらいは乱舞ブッパ通らない仕様にすればいいのになぁ、と思ったり思わなうわなに(ry





※※





もちろん、上に挙げたのは一例だし、他にも無限に好きなセッティングが出来るわけで。

それを色々試して煮詰めて行くのが楽しかったりするわけで。



刀のC2を最後まで出しきって空中乱舞につなげられたりするんだけど、

C2を出し切るには、C2の初段を刀の根本で入れないと途中で抜けられたりするから、

C3で相手をピヨらせたら、一歩前に出て相手と密着状態からC2を入れないといけないんだなぁ、とかさ。

やってると色々発見があるわけですよ。




でも、案外、刀→方天戟の一番の基本のヴァリアブル攻撃すら使いこなせてない子もいると思うんですよね。

みゆきさんみたいに。



なのに、DLC☆10個クラスの高難易度の究極を巡るための、

シンプルで力強いコンボ、武器の組立ってネットで探してもあんまり紹介されてなくて、

動画をざざっと見渡しても、第1武器、第2武器を上手く回して使ってる動画ってなくてさ。


だから、みゆきさんみたいな感じでやってる子って、

この手の組立の楽しさをしらないままに終わっちゃったりしちゃうんじゃないのかなぁって。

なんか、もったいないなぁ、と思っちゃう。




つか、せっかくの武器チェンジシステムなんだから、

トリニティ ジルオールゼロ みたいに、駆けつけた戦場の状況によって、

こまめにセッティングを付け替えて楽しむってのもありありだと思うんだよね。


別に、同じ戦場で武器を固定しなきゃいけない、なんてこともないわけだし。

結構、EX武器に拘って、第2武器すら使わない人が多いのが無双プレイヤーの特徴かなぁなんて思ったり。




んでね、そういうコンボとか載ってる本ってないかなぁ、と思って、

真・三國無双6 マニアックス  買ってみたんだけどさ、

武器1つだけのコンボは載ってたんだけど

第1武器、第2武器をヴァリアブル攻撃を使ってのコンボなんかは全然載ってなくて、ちと残念。



ちなみにゲームの攻略本買うなんて、ストZERO3のあれやこれやコンボ載ってるやつ以来だよw

つか、ああいう昔の格ゲーみたいなのを期待してたんだけどなぁ、マニアックス。



マニアックス謳うならもう少しマニアな本を、とボヤいてたら

みゆきさんに、今の攻略本ってそういうもんだから、格ゲー全盛期の頃のとは方向性が違うから、

と、たしなめられました。


結局、マニアックスいらないから、みゆきさんに送ってあげたら大喜びしてたけど。


そういや、みゆきさん、アルティマニアも欠かさず買うって言ってたし、

データ中心の攻略本も楽しいと言えば楽しいですもんね。



でもさ、これねぇ、なんかねぇ、もったいないと思うなぁ。

真・三國無双6って、かなり色々コンボつなげるために武器やらチャージやら乱舞やら工夫されててさ、

ああ、使えないと思ってたこのチャージはこういう使い方するのか、ニヤリ、

みたいなのってあるんだよねぇ…。


ある程度ゲームする人はそういうの自分でスルスルっと発見しちゃうんだろうけど、

みゆきさんみたいな、無双は会話を楽しむ♪って子は気づきもしないと思うんだ。


で、そういう子達のためにも、

もう少し丁寧なというか、ちょっとでいいからオススメのセッティングを載せた本があってもいいのかな、と。

昔の格ゲーの攻略本みたいなさ。


こういうコンボでこうつなげますよ、的なやつ。

そういうの一つ、頼みますよ、コーエーさん♪




ま、そんなわけで、その辺がもったいないなぁ、と思った次第でございます。

僕に動画を撮る技術があれば、そういうのも紹介したいなぁ、と思ったりもするのですが、

残念ながら、動画を撮る環境も編集能力もないのでした。






☆☆





この後も、言葉でちらちらと紹介していったりは出来たらいいなぁとは思いますが、

つか、ぶっちゃけ全員やろうと思ったりしたのですが、

しょっぱなの夏侯惇兄さんのセッティングに、未だに迷いがあるのでございます。


朴刀捨てて、思い切って迅雷剣でセッティングするのかどうか

そこが問題だw

迅雷剣のC3って惇兄の乱舞と相性いいんですよねぇ。



でも、迅雷剣だと最終的に若干火力不足に陥るし、

パワー中心に組もうとすると飛将板に行きついてビジュアル的にどうなの?だし…。



究極でも☆8個くらいなら、なんでもいいとは思うのですが、DLCクラスの☆10個になるとじゃっかん、ね。


ムムムのム。

どうしたものか。
[PR]
by hot_soul | 2012-11-04 14:53 | ゲームのお時間ざんす